98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「眞喜屋実行」が付けられているもの

    「クチコミ販促35のスイッチ」眞喜屋 実行

    【私の評価】★★★☆☆(70点) ■クチコミを生む販売促進の  アイデアを集めた一冊です。  クチコミを生むためには、  クチコミをしたくなる  仕掛けが必要です。  それは一手間かけることであり、  意外なお土産であり、  写真の活用だったりするのです。 ・お客さまのお名前とひと言メッセージを  カードや色紙などに書いて  テーブルに準備しておく・・  一人(一組)のお客さまのためだけの  特別対応です(p75) ■商品の特異性で  クチコミされるのが王道です。  しかし、普通の商品でも  ...


    「ディズニーから教わった! お客さまから動いてくれる[販促ツボ 71]」眞喜屋 実行

    【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■ディズニーに学ぶ販促です。  どこにでも学ぶところはあります。  良いところを自分の会社に適用してみるのが、  大切なのですね。  眞喜屋さん、  良い本をありがとうございました。 ─────────────────────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・普段は体験できない「ファンタジー(非日常)」を  少しだけお客さまに体験してもらうとしたら、  どんなことが考えられますか?(p28) ・「おめでとう」を言いやすい...


    「販促の教科書 (1THEME×1MINUTE)」眞喜屋実行

    【私の評価】★★★☆☆(70点) ■販促の基本を押さえた一冊。  こうした基本を押さえたうえで、  何をやっていくのかが大事。  何事も試行錯誤ですね。  良い本をありがとうございました。 ─────────────────────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・商品やサービスの「良さ」を伝えよう(p12) ・「一貫性」が何より大事(p22) ・目立つ「シンボル」を用意する(p56) ・「持ち帰り専用窓口」を用意する(p65) 販促の教科書 (1THEM...


    「お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ」眞喜屋 実行

    お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ (DO BOOKS)posted with amazlet at 12.09.17眞喜屋 実行 同文館出版 売り上げランキング: 5445Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(73点) ■お店のリピーターを作るための  ネタを集めた一冊。  基本はブランドと同じで、  特徴を持たせ、  お客様に思い出してもらうということです。  まずは「らしさ」を作るところから  はじめましょう。 ・「らしさ」を明確にするため...


    「ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート」眞喜屋実行

    【私の評価】★★★☆☆(70点) ■飲食業の販売促進を  「物語」から学ぶ一冊です。  女子大生が、ちょっとしたきっかけで  居酒屋ロダンの店長に  なってしまいました。  お店には借金があって、  四ヶ月で半年分の滞納分を  支払わないと倒産だという。  ここから女子大生の  冒険がはじまるのです。 ・何もやらないよりはやった方がいい。  窓の外に踏み出さなければならない。(p40) ■飲食業というものは、  料理がうまければ人が来てくれる、  といった甘いものではありません。  知ってもら...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む