98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「松永真理」が付けられているもの

    「iモード事件」松永 真理

    iモード事件posted with amazlet at 12.11.11松永 真理 角川書店 売り上げランキング: 119435Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(75点) ■そういえば「iモード」というものがあった。  2000年ごろの話ですから、  思ったよりも最近ですね。  当時としては、斬新だった。 ■その裏には、やはりNTTの官僚組織と、  マッキンゼーという外資系コンサルタント会社が  邪魔をしたり、口を出したり。  能力のない人は、強いんですよね。  ...


    「iモード以前」松永 真理

    (私の評価:★★★☆☆:買いましょう。素晴らしい本です)78点 ●本を読んでいると、会社にもいろいろあって、非常に面白そうな  会社と、そうでない会社があります。 ●例えば、面白そうな会社の代表は、著者を育てたリクルートでしょう。  ・入社式で全社員を前にして恒例の「新人一分間スピーチ」をやる   ように言われた時はひるんでしまった。・・・リクルートでは   人前で話す機会が凄まじく多い。(p25) ●去年、リクルートの銀座のビルに入ったことがありましたが、  エレベータ周りを歩いている人を観...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む