98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「新田哲史」が付けられているもの

    「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗」新田 哲史

    【私の評価】★★★☆☆(76点) ■池田信夫氏主宰の言論サイト「アゴラ」の  編集長である著者が伝えたいのは、  ネットメディアの影響力です。  テレビ、新聞といったマスメディアに  対し、ネットメディアの影響力が  追いついてきました。  ネットメディアの強さは、  通勤中にスマホを見ている人の  数を見ればわかります。 ・全国世論調査で、  ネットでニュースを見る人の割合が69.9%に達し、  新聞で朝刊を読む人が70.4%と、  差がほぼ無くなったという報道もあった(p120) ■「アゴ...


    「ネットで人生棒に振りかけた!:先の読めない時代の情報版「引き寄せの法則」」新田 哲史

    【私の評価】★★★☆☆(74点) ■読売新聞社で記者として働いていた著者は、  新聞業界の衰退に不安になり、  コンサルティング会社に転職しました。  しかし、コンサルティング会社の  まったく違う仕事に適応できず、  1年ちょっとで退職。  37歳にしてフリーランスと  なってしまったのです。 ・アメリカや韓国の新聞市場に  インターネットが侵食し、  アメリカでは地方紙が次々に  倒産していることを知りました(p32) ■ハローワークに行っても仕事はなし。  就職先もなく、独立して仕事を ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む