本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
トップbook-club > 2022年6月オンライン地上最強の読書会「嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え」

2022年6月オンライン地上最強の読書会「嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え」

2022/06/04公開 更新
メルマガ登録

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え


 嫌われる勇気とは、自分の選択した人生を生き抜く勇気です。他人の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないという怖れに泰然と耐えることです。人生を生きていく中で、すべての人に認められることはありえません。ありえないことを目指すと、自分が苦しくなってしまうのです。


 同じように他人に対しては、相手をコントロールしようとしてはいけません。コントロールするのではなく、勇気づけてあげる。人が自ら考え、動くことを援助・支援するのが良いのです。人を信じて気長に支援するのです。そうすれば、人は自ら学んで、自分の人生を歩んでいくことでしょう。


読書会概要

課題本:「嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え」岸見 一郎、古賀 史健
【私の評価】★★★★☆(85点)
日 時:2022年 6月4日(土)19:00~20:00
※ 18:45から接続可能です。
ルール:課題本を事前に読んでからご参加ください
場 所:オンライン(Zoom)
参加費:無料
主 催:読書普及研究所


※ Zoomの接続情報については、Peatixのメールにてご案内します
※ ZOOMでの顔出しが参加条件です


申込はこちらから


参加条件

(1)ZOOMの場合、顔出しすること。カメラをオフにした参加はできません。


参加者の感想

男性

沢山の気づきが得られ、楽しい時間を過ごすことができました。地上最強の商人、しっかりとプログラムを実践していこうと思います。本日はありがとうございました。感謝してます!



女性

貴重な機会を頂いて、まさに、「動く」を実現できました!本当にありがとうございました。これからも、毎日1分でも読書の時間を持ち続けるよう「動いて」行きたいと思います。



男性

会社の中では、何を言うかよりも誰が言うかが重要視されています。そう思ってもらえる関係性を構築することが重要だと思いました。また今回参加された方が「殻に閉じこもる、人に聞けない」ということを仰っていて、私もそうだったなと共感しました。この本に書かれているポイントを盛り込んで、一層コミュニケーションを円滑にできるようになればなと思います。


女性

皆さんの経験を本の内容と重ねながら聞くことで自分自身の振り返りや再確認ができとても有意義な時間となりました。緊張しましたが、本のソムリエさんがハードルを下げてくださったおかげでリラックスして参加できました。参加したことで課題の本を読みきる意欲も湧いてきましたし、最後に皆でお薦めの本を紹介しあうのも良かったです。


キャンセルの方法

・キャンセルは下記のお問い合わせフォームにて「お申込み氏名」「お申込みイベント名」を明記の上ご連絡ください。
https://1book-day.com/script/mailform/present/


無断キャンセルは当日の読書会運営に支障となるため、必ず上記の方法でキャンセル連絡をお願いします。無断キャンセルの方については、次回の参加をお断りする可能性があります。

この記事が気に入ったらいいね!

メルマガ登録