98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「西内啓」が付けられているもの

    「統計学が最強の学問である[実践編]」西内啓

    【私の評価】★★★☆☆(78点) ■統計学を思い出したのは、  PRホールのお客さまに  アンケートを取ろうとしたとき。  最初はすべての人に  アンケートを取ろうかと思いましたが、  全員に取る必要はないでしょう。  では、何人に取れば良いのか? ・なぜ標準誤差が標準偏差をデータの件数の  ルートで割った値になるのか・・・  次の調査でどれぐらいの標準誤差にするために  どれぐらいのデータの件数(すなわちサンプルサイズ)  が必要か」という見積もりを行うことができる(p107) ■例えば、テ...


    「統計学が最強の学問である」西内 啓

    【私の評価】★★★★☆(81点) ■「日本人には統計の考え方が必要!」  という一冊です。  よく、  「PDCA(計画→実行→評価→改善)が大切」  と言われます。  では、  「仕事で統計的な評価を行っているのか?」  「政府は政策の統計的な評価をしたことがあるのか?」  と考えると  ほとんどやっていないのです。 ・失業やワーキングプアーといった雇用問題について、  政治家やテレビのコメンテーターはしばしば「問題だ」  と発言したり、「頑張った人が報われる社会を」といった  抽象的なお題...


    「東大の先生がハーバードで実践した人を動かす技術」西内啓

    東大の先生がハーバードで実践した人を動かす技術posted with amazlet at 12.07.08西内啓 祥伝社 売り上げランキング: 445273Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(78点) ■東京大学→ハーバード大学という  著者が教える組織内での  コミュニケーションの技術です。  大学でも会社でも  組織の意思決定は  文書と会議で行われます。  したがって、基本として  決定権を持った人が、  どのような型を好むのか理解し、  それに合わせることが...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む