タグ「C.N.パーキンソン」が付けられているもの

    「パーキンソンの政治法則」C.N.パーキンソン

    【私の評価】★★★☆☆(70点) ■「仕事の量と予算は、与えられた  時間、予算をすべて満たすまで膨張する」  このパーキンソンの法則で有名な  パーキンソンさんの一冊です。  1967年なのでかなり古い。  政治形態、国家の意思決定が  どのように変わっていくのか  考察しています。 ・民主主義国では主権は多数派にあたえられる。  多数派は、せいぜいのと...

    「パーキンソンの成功法則」C.N.パーキンソン

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■大英帝国において出世するための秘訣を   パーキンソンさんが教えてくれる一冊。  パーキンソンの法則といえば、  「役人の数は、仕事が増えようが減ろうが、ひたすら増大する」  「仕事の量は、与えられた時間まで膨張する」  「審議に要する時間は、その支出の額に反比例する」  「かねは入っただけ出る」  などが有名ですね。 ...

    「かねは入っただけ出る」C.N.パーキンソン

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■「かねは入っただけ出る」とは、  パーキンソンの第二法則です。  これは、あなたの財布の中身にも  当てはまりますが、  実は、国家財政と税金についての  法則なのです。 ・自分で勘定を払わぬ人間にとっては、  節約ということは  しっくりこないのである。(p142) ■パーキンソンさんの分析では、  政府、役人組織とい...

    「パーキンソンの法則」C.N.パーキンソン

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■1960年代にイギリス大英帝国で  ベストセラーとなった一冊です。  大英帝国の秘密の書とでも言えましょうか。 ■イギリス人の著作らしく笑えます。  たとえば、  役人の数は、仕事の量ではなく、  「昇進を望む人数」「1つの書類処理の時間」を  パラメーターに増加するというのが、  パーキンソンの法則です。  言いかえれ...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)