無料メルマガ購読

★2人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(68点)■ハリー・バルマーさんは、 感覚遮断タンクを作りました。 食塩水に浮かぶ。(無重力) 音が聞こえない。 真っ暗。 ちょうど皮膚温で温度を感じない。 その...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■フィンランド暦の長い北川さんの一冊です。 欧米では、お互いが理解できないことを前提に 自分の意見とその理由をはっきり 説明することが求められるようです。 ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■欧米人は物事をはっきり言いますので、 批判しても反論する人が多いのでしょうが、 反論せずに傷つく人もいるようです。 特に会社で上司との関係では、 気を使う...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点)■夫婦のケンカは犬も食わないといいますが、 そんなにケンカしている夫婦が 多いのでしょうか。 私は楽しくやっているので、 まったく役立ちませんでした。 苦...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(64点)■映画で哲学を語るという一冊。 確かに最近、わけのわからない映画が けっこうありますが、 哲学との共通点があるのですね。 ローランズさん、 良い本をありが...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点)■人が生きていくなかでは、 常に判断をしています。 今日の一冊は、 その判断における、 第1感の大切さを調べていきます。■骨董品を一瞬に評価する鑑定家、...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点)■自分がすべてである。 自分には選択する力がある。 ということを考える一冊です。 やや抽象的ではありましたが。━━━━━━━━━━━━━━━━━■この本で...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■からだのマッサージというものは、 気持ちいいものです。 そして、肩がこる、首がこるという症状には、 生活の悩みに原因があることもある。 根本原因は修正でき...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■「フェイズ3の眼」とは、 冷静でもなく、かといって慌てるでもない、 ちょうどいい緊張状態のことです。 この本では、そうした精神状態を切り口にした、 柳田さ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(64点)■最近、テレビで見なくなりましたが、 細木数子さんの過去を暴露した一冊です。 ややゴシップ的な本ですが、 自分の人を見る目を確認するということで、 ご紹介し...

続きを読む
1 2 3 4 5 6

>月別(2002年7月~)