無料メルマガ購読

★2経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(62点)■戦略というとよくわからないのですが、 まず自分を知りライバルを知る必要があると思います。 そうした現状を正しく把握することで、 次の一手を考えることができる...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■アメーバ経営を学ぶために 購入した一冊です。 アメーバ経営とは、 小さな組織を一つの企業とみる管理会計であり、 あくまで道具でしかありません。 そのアメ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(64点)■温州とは、中国上海の南、 台湾の北の位置する地方です。 1980年代には中国改革開放政策の モデルとなった場所。 温州人は東洋のユダヤ人と言われるほど ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■外資の社長を歴任された 新(あたらし)さんの一冊。 サラ・リー社長時代に書いたものですが、 守秘義務のせいかあまり具体的な 仕事の話はありません。 経営...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■この本の「炎の経営者」とは、 戦後、日本触媒化学工業(現・日本触媒)を創業した 八谷泰造(やたがいたいぞう)です。 多くの会社が、アメリカの技術を輸入す...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■麻雀好きのクレディセゾン社長が 「運」について語った一冊です。 やはり麻雀と同じように、 仕事も「運」が影響します。 そうした「運」の流れを 見ることが...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■ニュースで、 「武富士」元会長から株式を贈与された長男が 約1330億円!の追徴課税を受けていたが、 最高裁で追徴課税が取り消された。 と聞いて、本書を紹...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点)■「アドボカシー・マーケティング」とは、 顧客と企業が支援しあう関係を 作るというものです。 これって、日本の企業の目指している  ものではないでしょうか。...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■松下幸之助は、非常に優秀な人は、 会社を立ち上げるような大きな仕事をする可能性を持っているが、 その半面、会社をつぶすような失敗をする可能性も持っている、 ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■BSとは、バランスシート、 貸借対照表のことです。 PL(プロフィット・アンド・ロス)は 損益計算書となります。 著者は、バブル時代、 BSを軽視し、P...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8

>月別(2002年7月~)