無料メルマガ購読

★2政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(66点)■朝日新聞がスラップ訴訟(恫喝訴訟)で 言論弾圧している!と 訴える一冊です。 スラップ訴訟(恫喝訴訟)とは大企業が 弱者を裁判に訴えるなどして 脅迫する...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点)■官房長官の記者会見でおなじみの 東京新聞の望月記者の一冊です。 望月記者はすべてを分かっていて 敢えてやっているプロなのか、 それとも田嶋陽子のような人な...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■誰でも知っていると思いますが、 国際社会は、嘘だらけです。 ウソがまかり通り、 軍事力だけが頼り。■もちろんできれば倫理的な 対応をするのは正しいことで...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■ベトナム戦争当時、本多勝一氏は ベトコン村のルポルタージュ『戦場の村』を書き、 世論をベトコン側に有利に導きました。 著者は報道の自由のないベトコン側の言う...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■中国の日本における工作活動を 記載した一冊です。 日本はスパイ防止法がありませんので、 スパイ天国といえるのでしょう。 スパイはいまもあなたの隣で 特務...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点)■現在の国際社会の状況をまとめた一冊です。 つまり、中国が南シナ海を支配する。 ロシアがクリミアを占領する。 世界は戦争に満ちているのです。 EUはイギリス...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点)■電力業界の歴史について まとめた一冊です。 類書は多いのでそうした本を基に 書いているようです。 何が云いたかったかといえば、 原子力発電をやることにな...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■工業化が進んだ二十世紀は、 戦争による大量殺りくと、 科学技術による農産物の大量生産が 可能となりました。 農業では、農業機械、化学肥料、農薬、 そして...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■核実験とICBM開発で アメリカ、日本を恫喝している 北朝鮮の開発資金は どこから来たの...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■ユダヤ人の歴史について まとめた一冊です。 流浪の民であるユダヤ人は、 ヨーロッパで迫害されていました。 非武装のユダヤ人はナチスに 何百万人と殺された...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

>月別(2002年7月~)