無料メルマガ購読

★3文学と芸術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(77点)■お役所の天下りを お笑いドラマにした一冊です。 財務省と自衛隊からの二人が天下った先は、 全国中央企業振興会。 ここで、昔の不良債権の確認作業をしていく中...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■中国10世紀末の宋と遼との戦い。 強力な軍閥としての楊業と その7人の息子たちによる 騎馬による戦いが秀逸。 戦争映画と中国の歴史書として 楽しみたい。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■坂本龍馬も学んだ北辰一刀流。 この北辰一刀流を作り上げた 千葉周作という人間の人生が、 司馬風にまとめられています。 千葉周作のすごいところは、 それま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■「楊家将」の続編です。 前回の宋の楊家と、遼の猛将耶律休哥の戦いに続き、 楊家の七郎が記憶喪失となり遼軍に加わって 楊家同士で戦うこととなります。 軍...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■英国が世界を制覇していこうとしていた18世紀末、 大英帝国海軍の士官候補生ホーンブロワーが 先輩を見ながら成長していく物語です。 冒険あり、牢獄あり、戦争あ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■下級武士が 貧乏神、疫病神、死神に取りつかれるという コメディタッチの小説です。 主人公は、貧乏神、疫病神は 他人に鞍がえさせてなんとかしますが、 死神...

続きを読む
オレたちバブル入行組(文春文庫)postedwithamazletat09.09.12池井戸潤文藝春秋売り上げランキング:95056Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■1988年、東ドイツ。 そこは、今のチベットのように、 共産党に支配され、 人々の移動の自由はありませんでした。 厳重な監視体制の中、 多くの人が自由を...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■岡本太郎氏の芸術本には、 技術的なことは、一切書かれてありません。 書いてあるのは、あなたは生きがいを持っていますか? その生きがいを表現していますか? ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■就職活動中の大学生が、「手紙屋」と 10通の手紙のやりとりをしながら、 人生の知恵を学んでいくストーリーです。 学習塾を経営する著者の受験生へ伝えたい思いが...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8

>月別(2002年7月~)