無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(71点)■2002年、外務省にかかわる 疑惑事件により逮捕、拘留され、 2010年に懲役2年の実刑となった 鈴木宗男さんの一冊。 徹底した外務省の暗部を 告発する...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■岡目八目というように、 海外から見ると日本が よく見えるらしい。 ドイツ在住の長い 川口さんには日本の原子力政策は どのように見えたのでしょうか。 ま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■大東亜戦争の意味を 考える一冊です。 それぞれの国には、 それぞれの歴史があります。 アメリカは、北米東海岸で独立し、 ハワイまで支配地域を 拡大して...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■この本では、戦前として 昭和元年~14年を中心に 記載した一冊です。 アジアからの留学生が街を歩き、 ミルクホールで不良が牛乳を飲み、 電気が普及してき...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■「たかじんのそこまで言って委員会」で 司会を務める辛坊さんの一冊。 太平洋をヨットで横断しようとして クジラに衝突したときは、 本当に死に直面していたとの...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■哲学の本というと、 マジメな大学生が読んでいる イメージがあります。 「ショーペンハウアーはこう言っているよ」 などと言われると、 顔の右側の筋肉がピク...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■スタップ細胞は存在するのか? 重力と磁力は統一できるのか? 科学技術が発達した現在でも、 分からないことだらけだ、 ということを再確認する一冊です。 ソ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■シンデレラって、グリム童話なんだ・・ と思って手にした一冊です。 グリム童話とは、18世紀に 民間伝承を研究していたグリム兄弟が ドイツの民話を収集したも...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■医療が人に利益を与えるようになったのは、 ここ100年くらいだという。 それまでの医療はひどいものでした。 故意ではないにせよ、 医師との立場で、 多く...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■ソクラテスは、ああいえば、 こういう、面倒くさい人です。 最後は、あなたは真理を 知らないのではないかと 言いがかりのように 感じることもあるでしょう。...

続きを読む

>月別(2002年7月~)