無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(71点)■「和食」は世界に誇る 日本の伝統技術です。 海外に出ると和食の美味しさが わかります。 このマンガでは、 イギリスから日本にやってきた キャンベル女史...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■500年もの間、ヨーロッパを支配した 古代ローマとは何だったのでしょうか。 軍事力で周辺地域を攻略し、 どのように支配したのでしょうか。 そうした疑問を持...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■著者は、ダイレクトマーケティング、 フォトリーディング、マインドマップなど 海外のノウハウを日本に紹介してきた カリスマコンサルタントの神田さん。 マイン...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■私はホンダのオデッセイに乗っていますが、 実はホンダの車に乗れなくなる 可能性があったのです。 それは1960年代に通産省が検討していた 「特定産業振興臨...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■日本海軍士官のOBが 海軍反省会を開催していたという。 その会議のテープを基に、 「なぜ、日米が戦争となってしまったのか」 という疑問に答えます。・なぜ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■大蔵省から大学教授となった 野口さんの見た戦後日本の 経済の歴史です。 大蔵省の中から見ると、 戦後の経済復興は、 戦時態勢の中で達成され、 今も続い...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■東京電力福島第一原子力発電所の 炉心溶融事故から4年。(出版当時) 復興中の福島の現状を知ろう! という一冊です。 放射能という見えない敵に対して 私た...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■2002年、外務省にかかわる 疑惑事件により逮捕、拘留され、 2010年に懲役2年の実刑となった 鈴木宗男さんの一冊。 徹底した外務省の暗部を 告発する...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■岡目八目というように、 海外から見ると日本が よく見えるらしい。 ドイツ在住の長い 川口さんには日本の原子力政策は どのように見えたのでしょうか。 ま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■大東亜戦争の意味を 考える一冊です。 それぞれの国には、 それぞれの歴史があります。 アメリカは、北米東海岸で独立し、 ハワイまで支配地域を 拡大して...

続きを読む

>月別(2002年7月~)