無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(71点)■ソ連の崩壊、金融危機、テロの脅威を 予測したといわれるフランス人アタリ氏の一冊です。 アタリ氏の考え方は、最悪を想定して、 それに準備しておくこと。 起こ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■アメリカには、富裕層と白人労働者と 有色人種という階層があるらしい。 つまり『ホワイト・ワーキング・クラス』とは 白人労働者、白人中間層ということ。 一般...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■暴力団や右翼はどうやって 暮らしているんだろう? と手にした一冊です。 警察によると、暴力団の共生者として 総会屋、暴力団関係企業、事件屋、仕手筋、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■最近、活発な政治的発言の目立つ 米国の弁護士ケント・ギルバートさんの一冊。 共産党が非合法のアメリカから日本を見ると、 左翼の宣伝をするマスコミに 何か言...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■2006年ですから 10年前に書かれた一冊です。 当時は石油価格が高騰し、 中国の経済発展が 注目されていました。 時代とともに富の形は変わり、 富を...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■福島第一原子力発電所の事故は、 悲惨なものでした。 多くの周辺自治体の人たちが、 国の指...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■イギリスのアスター子爵夫人ナンシー、 レディ・アスターに仕えたメイドの 回顧録です。 レディ・アスターは非常に メイドをいじめる?!人だったようで、 多...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■テレビでお馴染みの 明治天皇の玄孫(やしゃご:皇女のひ孫)である 竹田恒泰さんの一冊です。 なぜ日本が外国から人気があるのか、 日本の圧倒的な長い歴史と...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■日中戦争の中で参謀本部次長、 支那駐留軍司令官などを歴任した 多田駿という男がいました。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■いつも冷めた目で世の中を観察している 橘さんが考える「日本人」考です。 橘さんの頭の中には...

続きを読む

>月別(2002年7月~)