無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(71点)■2006年ですから 10年前に書かれた一冊です。 当時は石油価格が高騰し、 中国の経済発展が 注目されていました。 時代とともに富の形は変わり、 富を...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■福島第一原子力発電所の事故は、 悲惨なものでした。 多くの周辺自治体の人たちが、 国の指...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■過去に地球が氷に覆われた可能性が あることがわかっています。 しかし、その原因は よくわかっていません。 この本は、著者が研究中の仮説を 説明するものと...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■動物の進化と、 大気の酸素・二酸化炭素濃度との 関連を考える一冊です。 石炭が作られた時代(石炭紀)に 酸素レベルは30%にまで上昇し、 二酸化炭素レベ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■イギリスのアスター子爵夫人ナンシー、 レディ・アスターに仕えたメイドの 回顧録です。 レディ・アスターは非常に メイドをいじめる?!人だったようで、 多...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■テレビでお馴染みの 明治天皇の玄孫(やしゃご:皇女のひ孫)である 竹田恒泰さんの一冊です。 なぜ日本が外国から人気があるのか、 日本の圧倒的な長い歴史と...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■暗号というと、シャーロックホームズの 「踊る人形」が印象に残っています。 このときは、出てくる文字の数を 分析したと記憶しています。 実際にも、文字の頻度...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■日中戦争の中で参謀本部次長、 支那駐留軍司令官などを歴任した 多田駿という男がいました。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■いつも冷めた目で世の中を観察している 橘さんが考える「日本人」考です。 橘さんの頭の中には...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■昭和12年7月29日、北京の東20キロにある 通州でその事件は起きました。 日本人を守るべき保安隊の 中国兵が日本人、朝鮮人200数十人を 虐殺したのです...

続きを読む

>月別(2002年7月~)