無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(73点)■あまり子どもに「勉強しろ」と言わなかった親が、 子どもが学校から「20点」のテストの結果を持ってくると、 ショックを受けるでしょう。 同じように、日本は「ゆ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■公明党が発案した 2兆円規模の定額給付金が実施されます。 そういえば、昔、竹下首相のときに 地域振興券というものがありました。 公明党は、自民党と組んで、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■毒入りチョコを置いたり、江崎社長を誘拐した グリコ・森永事件は、なぜ成功したのか。 倒産しそうな会社に近づく 「整理屋」の手口とは? こうした知識は、怖い...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■テレビで多くの事件を見ていて不思議に思うのは、 「取調べは任意なのに、拒否する人がいないのはナゼ」 「黙秘すればいいのに、逆に自白してしまうのはナゼ」 とい...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■田中角栄元総理大臣の秘書官を務めた 早坂茂三さんが政治の世界を語ってくれる一冊です。 時代は変わりましたが、 政治家の世界はそれほど変わっていないようです...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■「仏教の教え」を教えてくれる一冊です。 「八正道」「諸行無常」「六波羅蜜」など 難しい言葉が出てきますが、 内容は成功哲学そのものです。■たとえば、「八正...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■長期信用銀行出身の日下さんの一冊です。 銀行という高所から 頭の良い人が社会を見るとこうなるのだろうなと 思いました。 私の場合は、外国人の話のところを...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■著者は公安で働いていた。 特に日本共産党の中にスパイを育成し、 日本共産党の活動の状況を把握していたとのこと。 著者は公安の活動に批判的ですが、 日本を守...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■「大英帝国」という言葉があったように、 「大日本帝国」という言葉がありました。 大日本帝国とは、 日本、台湾、朝鮮半島、サハリンの南半分、 そして太平洋の...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■学者さんが日本の農業を分析すると、 こうなるんだろうな、という一冊でした。 まず、農業経営が非常に厳しいものであり、 人一倍働かなくては成り立たないことは...

続きを読む

>月別(2002年7月~)