無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(78点)■世界史というと敷居が高いので、 まずは雑誌からと手にした一冊です。 テーマは脈絡がなく幅広い。 なぜローマは滅んだのか。 ニュートンの素顔。 ペルシャからイランの歴史。 マキャヴェリは なぜ「君主論」を書いたのか、などは、 ただ「君主論」を読むよ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■「仕事の量と予算は、与えられた 時間、予算をすべて満たすまで膨張する」 このパーキンソンの法則で有名な パーキンソンさんの一冊です。 1967年なのでかなり古い。 政治形態、国家の意思決定が どのように変わっていくのか 考察しています。・民主主義...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■51歳で都庁の役人を辞め、 歴史小説家になった 童門冬二さんの一冊です。 童門冬二さんの歴史の見方とは、 自分の生き方と同じだという。 つまり、先入観を持たないこと。 通説を疑うということ。・歴史は"複眼"で見るべきだと考えている。 複眼で見ると...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■小泉純一郎元総理の首席秘書官が 明かす官邸での事務のコツと 秘書ならではの雑学です。 官邸スタッフは著者と 4人の事務秘書官、5人の内閣参事官で 合計10名。 この10名で小泉首相の日程を 調整していました。 各スタッフが飯島秘書官の 机の上に...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■居合、空手の達人であるという 元イスラエル大使が語る 日本とイスラエルは似ている という一冊です。 そもそも日本には 昔イスラエル人が渡来したのではないか と思わせる共通点が多いという。 お祭りの掛け声、歌など 日本人には意味がわからないものも...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■アメリカは白馬の王子様ではなく、 単純で自己中心的な国であることを 日本は忘れてはならないと 指摘する一冊です。 日本人が静かに説明しているときでも、 アメリカ人、中国人、韓国人は、 いいかげんなことをどうどうと 大きな声でまくしたてる。 嘘でも...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■「慰安婦問題」については、 日本国内では1980年代から朝日新聞が キャンペーンを行っていました。 1993年には、宮沢政権の 河野洋平内閣官房長官が いわゆる河野談話を発表。 海外においても 1996年の国連人権委員会での 従軍慰安婦についてい...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■南アフリカ生まれのコメディアンが 伝えるアパルトヘイトの実態です。 著者は南アフリカでスイス人の父と 黒人の母の間に生まれました。 カラードと呼ばれます。 白人居住地、カラード居住地、 黒人居住地はそれぞれ 隔離されていました。 著者は生まれたこ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■元通商産業省の官僚だった八幡さんの 一冊です。 八幡さんは共産主義、社会主義に共鳴する 「立憲民主党」が、クオリティペーパーと 言われる「朝日新聞」などと連動して 政権攻撃することが気にくわない。 そういえば、民主党党首の村田蓮舫の 二重国籍問題を...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■ドイツに住んで40年、 思考がドイツ人になっている 川口さんが見た福島の復興の状況です。 地元のボランティア活動を 続ける東京電力社員と、 それを受け入れつつ 許せない地元の人々。 ドイツ人思考では、 会社の責任を現場の社員が引き受け、 謝罪し...

続きを読む

>月別(2002年7月~)