無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(76点)■地中海の中世は、海賊と戦争の時代でした。 そうした混乱の中で、ヨーロッパは軍事力を高め、 植民地時代を迎える基礎を作ったように感じます。 そういった意味では...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■「あの戦争は何だったのか」 ということは多くの方が考えることだと 思います。 なぜ米国と戦ってしまったのか、 なぜ最後通牒は遅れたのか、 なぜ大和は出撃...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■ヴェネツィアは日本のように資源のない 小さな都市国家ですが、海軍と通商により 富を蓄えました。 そして共和制から生まれる的確な政治と、 よく教育された国民...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■不景気、年金問題、マスコミ、天下り、弱腰外交・・・ どうも最近、日本の元気がないようです。 TVタックルでおなじみの勝谷さんが、 テレビでは言えないことを言...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■地盤沈下が激しいと言われる大阪ですが、 大阪で同和と暴力団と政治家を使って 財をなした浅田満さんの調査記録です。 現在、BSE(狂牛病)問題の牛肉買い上げに...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■昔の日本人は真面目だった・・・ 今の若いものは・・・ といった風潮に、 ちょっと待ったをかける一冊です。■人間というものは、基本的に 環境に適応する動物...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■温暖化ガスの排出権取引について 小説化した一冊です。 実は私もこの関係の仕事をしていましたので、 そばがゆいというか、懐かしいというか、 不思議な感覚でし...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■警察官僚から政治家となったカミソリと言われる男、 後藤田正晴氏の回顧録です。 政治家として初回当選までの 官僚としての経験が綴られています。■この本で面白...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■ローマ時代というものは、 非常に発達した時代であったようです。 上水道があった。水が流しっぱなしであった。 下水道もあったのです。 さらに浴場もあり、そこ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■あまのじゃく、竹村健一先生が指摘する 日本のマスコミの「ここがおかしい!」です。 日本からみると普通のことが、 外国からみると変なことをリストアップしていま...

続きを読む

>月別(2002年7月~)