無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(73点)■震災後の静粛な様子など、 日本人にとって当たり前のことが、 外国の人から見ると、 「すげー」 と感じることがあるようです。 略奪が起こらない、 夜、安...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■戦前、鈴木商店という財閥がありました。 リーダーは金子直吉。 世界恐慌、関東大震災、台湾銀行の破綻から 鈴木商店は倒産、解体、吸収され、 以下の企業として...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■斎藤一人さんの本にしては珍しく、 暗い話のオンパレードです。 物価は下り続けるよ。 失業率は高いままだよ。 働く気のない人が増えるよ。 お金はあるのに使...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■テレビで報道されていた「公安テロ情報」を 入手しました。 平成18年から20年くらいの 資料がほとんどのようです。 イスラムとくにイラン関係が多いのは、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■大正生まれ。陸軍でパイロットとして 日中戦争、太平洋戦争を経験した 田形さんの一冊です。 田形さんが言いたかったのは、 日本のために死んでいった たくさ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■日本の戦争の評価はいろいろあるでしょうが、 戦略、戦術的に評価した一冊です。 元寇から関ヶ原、大東亜戦争まで 戦史に興味を持ってもらうための 入門書として...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■「バブル崩壊」という言葉を生み出した 野口さんの震災後の政策提言です。 津波と原子力の問題から、ここ1,2年は 電力供給が制限されます。 電力により生産が...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■大前研一さんの10年以上前の一冊です。 「未来はもうすでに起こっている」と いう人がいますが、 大前さんは現実から未来のリスクを 見通す力を持つ人なので...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■10年前の一冊ですが、 バブル崩壊から10年間の停滞の原因と その対処法を説いています。 今では、バブル崩壊から20年間、 日本は借金で現状を維持しながら...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■2000年に執筆された 野口さんの「超」整理日誌です。 そういえば野口さんは経済学者。 経済学関係のジョークが面白いですね。・経済学の第二基本法則: 二...

続きを読む

>月別(2002年7月~)