無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(70点)■朝日新聞、NHK,毎日新聞、日本経済新聞の論説委員が、 政府、国会、民間、東京電力という4つの 事故調査委員会の報告書を比較するというもの。 4つを比べるの...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■源頼朝と北条政子が結婚した縁から、 北条氏は、鎌倉幕府の中心的な勢力となります。 鎌倉幕府といっても、 実態は関東の武士、 源氏勢力の集まりにすぎません。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■だれもが気づいていると思いますが、 政治家、官僚、マスコミ、財界などは、 力を持つ同士として影響し合っています。 もちろん、表(たてまえ)と裏(本音)があり...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■農水省、JA農協といえば、 あまり良い話を聞いたことがありません。 この本も農水省、JA農協の 悪いところを列記した一冊です。 やや口調が汚いところが、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■東京工業大学、中央大学で工学部教授を 経験した今野教授の大学の実態解説です。 基本的に工学部は、マジメなのでしょう。 頼まれたら断らないから、 授業、実験...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■政府の事故調査・検証委員会メンバーが その膨大な報告内容を 一般の人にも読める形にまとめた一冊です。 これ一冊では十分ではないと思いますが、 事故の流れは...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■暴力団専用ライターが、事故のあった福島第一発電所で 実際に働いてみたという潜入取材ルポです。 読んだことのある部分もあったので、 週刊誌の記事をまとめた本な...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■朝日新聞とはどういう会社なのか、 朝日新聞の内部はどんな空気なのか、 という疑問から手にした一冊です。 著者は、朝日新聞で整理部長、 週刊朝日副編集長を歴...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■信長から秀吉、そして家康へ 権力が移っていく戦国時代を 堺の商人の視点から描いた一冊。 「天下城」では、石積み職人の視点から 同じ時代を描いています。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■社会人類学の先生による 日本人の人間関係の分析です。 親分・子分というものがありますが、 日本人は一家を組織したがります。 それが昔は藩であり、一家であり...

続きを読む

>月別(2002年7月~)