無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(73点)■農水省、JA農協といえば、 あまり良い話を聞いたことがありません。 この本も農水省、JA農協の 悪いところを列記した一冊です。 やや口調が汚いところが、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■東京工業大学、中央大学で工学部教授を 経験した今野教授の大学の実態解説です。 基本的に工学部は、マジメなのでしょう。 頼まれたら断らないから、 授業、実験...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■暴力団専用ライターが、事故のあった福島第一発電所で 実際に働いてみたという潜入取材ルポです。 読んだことのある部分もあったので、 週刊誌の記事をまとめた本な...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■朝日新聞とはどういう会社なのか、 朝日新聞の内部はどんな空気なのか、 という疑問から手にした一冊です。 著者は、朝日新聞で整理部長、 週刊朝日副編集長を歴...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■社会人類学の先生による 日本人の人間関係の分析です。 親分・子分というものがありますが、 日本人は一家を組織したがります。 それが昔は藩であり、一家であり...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■潜在意識の活用と、 神社参拝を結びつける一冊です。 潜在意識をうまく活用するために、 神社があったということです。 日本人は、昔から 潜在意識を活用して...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■何かと騒がしい国境問題ですが、 国境の島の歴史をまとめた一冊です。 竹島 樺太 北方領土 小笠原諸島 南鳥島 沖ノ鳥島 尖閣諸島 こうしてみると...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■2003年頃の資料ですが、 風俗やパチンコなどのギャンブル、 犯罪規模についてまとめた一冊です。 表の経済だけでなく、 裏の経済があることも 理解してお...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■I'dratherbevaguelyrightthanpreciselywrong. 「正確に間違うより、大まかに正しくありたい」 これは、ケイ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■外国人の目には、 江戸の社会はどのように映ったのか。 外国人の日記、書籍、資料から 江戸の社会を検証する一冊。 人によって感じ方がちがうのは当然で、 好...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

>月別(2002年7月~)