無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(75点)■いつも過激な発言の日下さんの一冊です。 日下さんの発言が過激に見えるのは、 ある面、事実を話しているから なのかもしれません。 たとえば、以前は、 「世...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■1970年代までの日本の経済成長は 「東洋の奇跡」と言われました。 敗戦から20年程度で GDP世界二位になってしまったのですから、 「畏るべし日本」と考...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■信長秀吉家康について、 小説家の津本陽さんと、評論家の江坂彰さんが 好き勝手に放談している一冊。 やはり信長は、人格はともかく、 未来を予見できた...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■織田信長~豊臣秀吉の時代における 近江商人仁右衛門の人生を追う 時代小説です。 当時の商人とは、大名とつながりを持つ御用商人、 自分で物を運ぶ行商人があり...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■ガンを克服してから、 日本の歴史の素晴らしさを歴史講演で 伝えている白駒さんの一冊です。 日本には語り継ぐべき 素晴らしい先人が数多くいるのですね。 こ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■休みということで、 小説に手を出しました。 池井戸さんの本は、「オレたちバブル入行組」から 「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」「鉄の骨」と 読んできました。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■前から図鑑のようなものは好きなので、 手にした一冊。 金属を切り口に、 歴史での金属の役割と 時代の変遷を学びます。 学校で学ぶ科目というものは、 本...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■「国家の品格」の著者である藤原さんが、 中西輝政,ビートたけし,佐藤愛子,曽野綾子,佐藤優, 阿川弘之,山田太一,齋藤孝,五木...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■脳外科医が教えるお医者さんの実態です。 給料が生々しいのですが、 勤務医で1000万円くらい。 大学病院は准教授で600万円くらいと それほど高くないよう...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■「新聞はウソを書く」といきなり言われると びっくりしますが、 その原因は共同通信社にあります。 多くの地方紙は、中央の情報については 共同通信社の配信記事...

続きを読む

>月別(2002年7月~)