無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(78点)■STAP細胞問題を切り口に、 現在の大学の在り方について、 提言する一冊です。 著者が考える STAP細胞問題の原因の一つは、 権威ある学術誌への論文掲...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■日本興業銀行、米国投資銀行を経て 61歳となった著者が教える 未来を見据える力です。 銀行とは企業の未来に お金を貸すところ。 したがって、 未来を見...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■テレビでおなじみ 明治天皇の玄孫(やしゃご)である 竹田恒泰さんの一冊。 日本人がいかにして自虐的な 歴史観を持つようになったのか、 解説しています。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■15世紀からの戦国時代は、 日本の経済が飛躍的に発展しました。 利水と灌漑。 新種の作物。 鉱山開発。 15~16世紀に日本の人口は 二倍になったそう...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■3年前の東日本大震災以降、 日本列島の地盤は 根本的に変わってしまったという。 この本で著者が警告するのは、 巨大地震と火山の噴火です。 ちょうど御嶽山...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■明治から昭和への歴史を 冷静に見て行こうという一冊です。 歴史をどう見るかは、 残された記録を見るしかありませんので、 なかなか難しい。 そうした中で、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■大前さんから日本経済の特殊性を 教えてもらいます。 日本経済の印象というと、 仕事一筋の頑固オヤジが年をとって 引退してぶらぶらしているイメージでしょうか...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■この本では、投資顧問会社社長が、 日本の経済について自分ならどうするか、 を教えてくれる一冊です。 まず、バブル崩壊は、 人災であるというのが著者の感想で...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■内容の半分ほどは厚生労働省の外郭団体 労働政策研究所の内部告発となっています。 現在も独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT) として存続していま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■慰安婦関係で情報収集するなかで、 実際に南京に従軍した塚本さんの一冊を発見。 塚本さんは陸上幕僚監部第二部(情報担当)長、 西部方面総監を歴任しています。...

続きを読む

>月別(2002年7月~)