無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(70点)■この本では、投資顧問会社社長が、 日本の経済について自分ならどうするか、 を教えてくれる一冊です。 まず、バブル崩壊は、 人災であるというのが著者の感想で...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■内容の半分ほどは厚生労働省の外郭団体 労働政策研究所の内部告発となっています。 現在も独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT) として存続していま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■慰安婦関係で情報収集するなかで、 実際に南京に従軍した塚本さんの一冊を発見。 塚本さんは陸上幕僚監部第二部(情報担当)長、 西部方面総監を歴任しています。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点))■ユニクロの柳井社長と大前さんの対談です。 対談というより、言いたいことを 言っているという雰囲気。 まず、柳井さんは政治と官僚に そうとう頭にきているよ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点))■禅といえば、内観・・・ 座禅ですね。 そして、その中には、 己を知る 足るを知る 今、すぐ、ここ といった素晴らしいキーワードが どんどん出てきま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■尖閣諸島の国有化から 中国の日本攻撃がはじまりました。 実は中国は尖閣諸島の土地を買おうと工作中で、 阻止されたので逆切れしたのでは・・・ などと妄想して...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■熊本県知事の 蒲島(かばしま)さんの一冊です。 熊本県といえば、 天皇・皇后と面会した「くまモン」でしょう。 「くまモン」は、 2011年の九州新幹線開...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■2009年に発表された国防政策の専門家である空軍大学教官 ジェフリー・レコード氏の陸軍戦略研究所レポート 「日本の戦争決断1941年:その今日的教訓」です。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■ぶっちゃけトークの武田邦彦さんの一冊。 極論が多いのですが、 大切な論点に注目させる手法とすれば  許せてしまう。 「アメリカには「固有の領土」などない...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■この本では日本社会について 分析していきます。 日本の社会の基本は 「安心社会」です。 「安心社会」とは、 江戸時代の農村のように、 だれもがお互い知...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

>月別(2002年7月~)