無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(75点)■著者は、京都市嵯峨育ちで 京都府宇治市在住です。 ところが、 本当に京都といえるのは、 洛中とよばれる中心部だけ らしいのです。 中心部の人がより偉...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■地方創生がうまくいっていない。 地方自治体は、膨大なお金と時間を使って 地方創生に努力しています。 そうしさ施策が上手くいっている例は、 あまりありません...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■清原選手の覚せい剤ニュースを見て 手にした一冊です。 のりピー事件の頃、 元警視庁捜査官の北芝さんが、 日本の覚せい剤について わかりやすく解説してくれ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■ジャーナリストの宇田川さんが、 多くの中国人に取材した結果から、 中国という国を考える一冊です。 まず、基本的にマスコミと中国共産党は 中国の悪いところは...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■明治天皇の玄孫である竹田恒泰さんによる 天皇の男系継承のすすめです。 長く皇室に男子が誕生しなかったため、 平成16年末に当時の内閣総理大臣・小泉純一郎の...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■新幹線を切り口に 経営コンサルタントが語る 経済エッセイです。 ネタは経済半分、新幹線半分、 というところでしょうか。 著者は年間新幹線100回、 飛...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■ユネスコ「南京大虐殺文書」の世界遺産登録の ニュースを見て、手にした一冊。 政治的な議論は別にして、 日本人として今知りうる 当時の状況を検証します。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■北海道新聞社といえば、 かなり左側の報道で知られる会社です。 著者は、北海道警察の 裏金追及キャンペーンの 中心人物。 警察と新聞社のかけひき。 新聞...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■1928年にアメリカで出版された 広報・宣伝の技術についての一冊です。 90年前にはテレビとインターネットが ないだけであって、 基本は同じなのですね。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■アベノミクスという金融緩和による 景気刺激に反対する一冊です。 著者は大蔵省を7年で辞めたという変わり種。 もちろん金融緩和が行き過ぎれば ハイパーインフ...

続きを読む

>月別(2002年7月~)