無料メルマガ購読

★3国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(70点)■世の中には、 なかなか報道されないことが いくつかあるようです。 マスコミも怖くて とても報道できないことです。 逆にそれを表に出そうとする人は、 不...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■全体を把握するためには、 比率で見ることが大切です。 世界を100人の村人とするなら、 その人数はパーセントとなる。 非常に単純でありながら、 説得力の...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■領土問題がいろいろ取りざたされていますが、 やはり専門書を紐解かなければ、 議論はできません。 資料や相手の主張、そして 日本の主張を網羅する必要が あ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■これまで数ドルから数十ドルであった原油が、 100ドルを超えるような 状況となってきました。 石油の世紀であった20世紀に対し、 21世紀はどうなるのでし...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■米国の国家情報会議が制作した 「2025年の世界情勢予測」です。 国家情報会議とは、情報機関からの情報をもとに 中・長期的な予測を行っている組織とのこと。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■スウェーデンというと遠く寒い福祉国家という イメージがありますが、 どういう国なのでしょうか。 スウェーデンの国民一人当たりの年間所得は 50910ドル。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■北方領土については、 ロシアの要人が訪問したり、 軍事強化と経済開発の推進を発表したりと、 ほぼ返還の見込みはなくなったようです。 こうした背景を勉強する...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■「日本の外交官は、中国でこんな議論をしている」 ということがわかる一冊です。 外交官の仕事は、 その国の有力者と人脈を持つこと。 良い意味でも、悪い意味で...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■米中の衝突は避けられない。 米国は中国の軍事力を怖れていない。 しかし、ドルの没落は怖れている。 ということを教えてくれる一冊です。■尖閣諸島の事件前に書...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■佐藤さんが教える情報機関のテーブルマナーです。 情報機関の世界では、諜報のテクニックは 公表してはならないということですので、 ごく触りのところだけのご紹介...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)