無料メルマガ購読

★3国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(79点)■ドイツに30年住んできた 川口さんにヨーロッパの 様子を教えてもらいましょう。 ヨーロッパというと 先進国というイメージですが、 住んでみると違いもある...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■元在大韓民国特命全権大使の一冊です。 これまで日本がいかに 韓国に譲ってきたのか。 そしていかに裏切られてきたのか、 大使としては悔しい限りでしょう。・...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■安保法制が議論されていた頃の 書籍です。 集団的自衛権や個別自衛権の議論や、 憲法解釈の扱いを説明しています。 いろいろ議論はありますが、 中国の侵略へ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■日本では電力の全面自由化が 2016年4月からスタートしました。 さらに、再生可能エネルギーの 固定価格買取制度により 太陽光、風力が大量導入されています...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■最近テレビでミャンマーが 報道されることが多くなってきました。 投資家のジム・ロジャーズは、 これから伸びるのはミャンマーと 北朝鮮だと言っています。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■テレビのニュースを見ているだけでは、 なぜ、こんなことが起こっているのか? と、わからないことが多すぎます。 この本では、イスラム過激派(IS等)、 ヨー...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■国家デフォルトの危機にある ギリシャに興味があり 手にした一冊です。 ギリシャ人は働かないようですが、 本当なのでしょうか。 楽をしたいと思う傾向がある...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■日韓両国で諜報活動に携わり、 最終的に国家に裏切られた 二人の対談です。 諜報とは、危険な仕事であるだけでなく、 政権の都合によって 切られてしまう可能...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■自信満々の論理構成です。 領土は武力でもって奪うものである。 ユダヤ人は金融で国家を支配する。 遺伝する欠陥を持った人間は子どもを作れないようにする。 宣...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■場所が変われば、 食も変わります。 イタリア料理も、日本に来ると ちょっとちがうところもある。 日本食が海外に行くと 変わるのもわかりますね。 吉川さ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

>月別(2002年7月~)