無料メルマガ購読

★3国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(77点)■中国とイスラムが アメリカに挑戦するだろう、 と書いてある一冊です。 当たり前じゃないかと感じますが、 驚くべきことは、この本が1998年、 20年間に...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■戦争が起きたら、どういった闘い方が 最も効果的であるか考察した一冊です。 現在日本の仮想的国である中国共産党には 中国沿岸や南シナ海の浅い海に 潜水艦など...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■自称、孔子の第75代直系子孫 孔健さんの20年前の一冊です。 見た目は似ているものの 日本人と中国人は 性格も文化も価値観違う。 そもそも中国人の中で...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■元航空自衛隊員であった著者が教える 現在の国際情勢です。 アメリカのトランプ大統領の登場により 保護主義的な考え方が、 力を持つようになってきました。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■多くの企業が中国から撤退する中、 ガッツリ儲けている企業もあります。 この本では、三菱電機、富士電機、 伊勢半、キユーピー、良品計画、 ユニ・チャームな...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■韓国女性と結婚し、 韓国に移り住んだ平井さんの一冊です。 やっぱり韓国は汚い。 貧しい。騙される。 でも、その汚いのがパワーであり、 その許容度が楽らし...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■日本の元外交官が 2016年10月のトランプ大統領決定前に 国際情勢について書いた一冊です。 国際社会では、ナショナリズムと グローバリズムが 勢力争い...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■ニュースで東証1部創業109年の化学薬品商社 「江守グループホールディングス」が、 民事再生法適用を申請したと知りました。 中国の子会社で中国人責任者が ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■東アジアトライアングルとは、 中国、韓国、北朝鮮です。 共通するのは、 言論の自由のない国であること。  中華思想、儒教の考え方から、 無礼な日本には...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■ハートランドとは、 ユーラシア大陸のことです。 この大陸を一つの勢力に 独占させないことが大切です。 ユーラシア大陸に巨大な勢力ができれば、 いずれ日本...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)