無料メルマガ購読

★3国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(75点)●1990年8月、イラク軍が クウェート侵攻を開始しました。 それは、石油を中東に依存する国々にとって 中東の石油資源をイラクに握られるという 許しがたい暴...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)●旧ユーゴスラビアで勃発したボスニア紛争は、 世界各地で起きている 民族間の紛争の一つでした。 しかし、PR戦略により、セルビア人は極悪人、 ボスニア・ヘル...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)●「ミスター円」と呼ばれた著者が、 為替市場での経験を通して、自分の思いを語る一冊です。 為替という世界を表現すれば、 ( 予測 )ができないということです。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)●著者は、中東を中心に活躍した 元CIA工作本部の一員であり、 この本は、その工作活動を赤裸々に記した一冊です。 著者は、スパイを運営するケースオフィサーであ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)●中国共産党の崩壊を予言した一冊です。 著書の考えでは、米国とソ連が対立した 「冷戦」はソビエト共産党の崩壊で幕を閉じたように、 中国と日本が対立する「冷戦」...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)●私は中国で暮らしたことがないので、 この本を評価する立場にないのかもしれませんが、 この本に書かれた中国は、私の関係したカザフスタンに よく似ているという印...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)●私は、仕事の関係で、カザフスタン人、 韓国人、台湾人、ロシア人と 仕事をすることがあります。 海外の人と仕事をするならば、 やはりその文化について 事前...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)●私もカザフスタンに1年半ほど滞在していましたが、 現地の人からは日本人に対して 一種の尊敬に似た感情があるように感じました。 そして、外国人はジョークが好き...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)●中国についてマスコミから多くの情報が流れていますが、 現実とかけななれた報道が多いようです。 これは、中国共産党宣伝部が、 組織的にマスコミの統制を行ってい...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)●今、隣国ではどのようなことが行われているのか、 この本が教えてくれます。 日韓ワールドカップでの、 韓国人の日本チームへの態度。 中国での大使館や日系企業...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)