無料メルマガ購読

★4文学と小説の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)■主人公が働く証券会社は、 大蔵省の総量規制によるバブル崩壊と 営業特金の解約を促す通達により 営業特金で大きな損失を出します。 営業特金では、通常、口頭で 利回り保証がされており、 証券会社は一部の顧客には 損失補てんしました。 その他の一部企業...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■島原の内乱の鎮圧後、 幕府はキリスト教が原因として ポルトガル人を追放します。 潜伏している宣教師には、 キリスト教を捨てるよう拷問し、 拒否すれば処刑しました。 中には、拷問に耐えられず キリスト教を捨てた 宣教師もいたのです。■本当に捨教し...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■翻訳が硬いこともありますが、 難解で読み切るまで 2週間かかった小説です。 彼女と別れてギリシャに 英語の補助教師としてやってきた 主人公は、一人の富豪と出会います。 その富豪は第一次世界大戦で 戦列から逃亡した経験のある 謎の人物。 そして、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■森鴎外といえば、 小説「舞姫」を代表作とする 明治の小説家。 「舞姫」では踊り子のエリスに 主人公が恋をし、妊娠。 ところが、主人公は 日本へ帰国する決意をし、 彼女は気が変になってしまう。 現実にも、森鴎外は、 エリーゼという恋人がいて、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■不器用な芸人の僕が、 破天荒な先輩芸人の 弟子となったお話しです。 不器用な芸人の僕って 又吉さんのことじゃないの、 と感じました。 なぜなら、不器用な僕は、 先輩から伝記を書けといわれ、 この本を書いているからです。・僕は不器用なだけで、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■勢力を拡大する織田信長は、 天下統一を見据え安土城の 築城を決意します。 信長の要求は南蛮風にすること。 山の周囲には石垣を積む。 西洋の城を目指したのです。 宮大工にとっては、 一世一代の大仕事です。・毎朝、どの番匠よりも早く、作事場に入った。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■創業百年、足袋製造を続けてきた 社長の宮沢は、 追い詰められていました。 足袋の需要は減少し、 銀行からの融資も 難しくなってきた。 この苦境を脱するためには 新たな収益源が必要です。 そこで注目したのが、 先代が開発していた ランニング足袋...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■パズルパレスとは、迷宮のこと。 この本での迷宮は暗号です。 電子メールが主流となった今、 各国は暗号の解読に 全力を挙げています。 そして、この本では NSAがあらゆるインターネットの暗号を 解読するマシンを作り上げた ことからはじまります。■...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■平安時代の「前九年の役」「後三年の役」から 源頼朝による奥州藤原氏の討伐までを テーマにした歴史小説です。 舞台は蝦夷と呼ばれた 奥州(東北地方)。 物語は、奥州を支配していた 安倍一族の婚礼の儀に 陸奥守が招かれるところからはじまります。 京の...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■巨大な国家予算を使うNASAが、 地球外生命体を発見する! という事件から、 この物語ははじまります。 この事件を利用して再選を狙う大統領は、 真相を知っているのか。それとも? この事件の真相を調査する  次期大統領候補の娘が出てくるのが わざと...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)