無料メルマガ購読

★4経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★★★☆(81点)■テレビ朝日のダイオキシン報道で 窮地に陥った埼玉県の 産業廃棄物処理会社の 再生ストーリーです。 著者の会社は既に ダイオキシン対策済の新型焼却炉を ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■ソニー出身のコンサルタントが教える 「出る杭」になる教育です。 「出る杭」とは、 全体最適を考える人です。 普通の人は今の所属や 自分の立場で考えます。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■書籍の大手出版取次トーハンから 四国・松山の書店に転職し、 倒産寸前の書店を復活させた実話です。 物語形式としているので、 出版取次ではなく銀行からの天下...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■日本式経営とは、イメージとすれば 新卒採用から終身雇用、 年功序列という感じでしょうか。 しかし、この本では、 国家のために事業をするのだ、 という経営...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■ユニ・チャームの創業者である 高原さんの一冊です。 建材製造から生理用品製造に 転身したのは、高原さんの 現場感覚にありました。 日本では買いにくい生理...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■著者は経営者である父の死によって、 いきなり借金40億円、倒産寸前の 居酒屋チェーンの社長...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■会社の目的とは何でしょうか。 ある人は、株主のために 金を稼ぐことだと言います。 だから、 あらゆる手段を講じて 金儲けを増やしていけばいい。 一見お...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■「スリッパに履きかえる会社は、儲からない」 という「スリッパの法則」のように 儲かる会社と儲からない会社には 微妙な差があります。 この本では弁護士・税理...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■中年サラリーマンと新入社員が TOC(制約理論)を使って 会社の課題を解決していく物語です。 大量の不良品発生というトラブルに対し、 現場に近い倉庫を借り...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■トリンプで19期連続増収増益の 吉越さんの一冊です。 奥様がフランス人。 外資系を渡り歩いてきた人 だけあって外人的な思考が 特徴的です。 ゴーン社長...

続きを読む

>月別(2002年7月~)