無料メルマガ購読

★4経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★★★☆(82点)■精神科医でありながら、 評論家として多くの著作を持つ 和田さんの一冊です。 今回は、「経営」に絞った ネタを集めています。 まず、簡単に海外に工場を移転する 経営者を叱っています。 日本ブランドはどこに行ったのか、 ということです。・日本企業が...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■15年間アマゾンジャパンで 働いてきた著者が教える アマゾンの仕事のルールです。 ベンチャーらしく現状維持を否定し、 お客様のメリットを追求する 姿勢がすばらしい。 中古品の並行販売、アマゾンプライム、 amazonクラウドサービス、 商品の保管...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■人がどんどん入れ替わる介護業界で 埼玉県に定着率96%の 介護施設があるという。 しかし、創業してから2年間は 従業員の定着率が上がらず 倒産の危機にも瀕しました。 3年目になって3か月の一度 全社員と面談するようになって、 辞める理由がわかって...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■リーダーには、平時のリーダーと 有事のリーダーがあるという。 原発事故、高齢化、減る人口、 政府の借金の膨張、伸びないGDP。 今、日本は右肩下りの時代に あるのです。 この時代を乗り切るためには まさに有事のリーダーが 必要であるということです...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■テレビ朝日のダイオキシン報道で 窮地に陥った埼玉県の 産業廃棄物処理会社の 再生ストーリーです。 著者の会社は既に ダイオキシン対策済の新型焼却炉を 建設して運転していました。 ところが、この報道により 焼却そのものへの反対運動が盛り上がり 取...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■ソニー出身のコンサルタントが教える 「出る杭」になる教育です。 「出る杭」とは、 全体最適を考える人です。 普通の人は今の所属や 自分の立場で考えます。 つまり部分最適になります。 普通の人から見ると 部分最適を考えない人は、 変な人なのでしょ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■書籍の大手出版取次トーハンから 四国・松山の書店に転職し、 倒産寸前の書店を復活させた実話です。 物語形式としているので、 出版取次ではなく銀行からの天下りと 若干設定を変えています。 それまでの松山の書店は、 出版社やジャンル別に本を並べてあるだ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■日本式経営とは、イメージとすれば 新卒採用から終身雇用、 年功序列という感じでしょうか。 しかし、この本では、 国家のために事業をするのだ、 という経営者の気概に 焦点を当てています。 特に明治維新から戦前までは 日本という国家独立のために 国...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■ユニ・チャームの創業者である 高原さんの一冊です。 建材製造から生理用品製造に 転身したのは、高原さんの 現場感覚にありました。 日本では買いにくい生理用品が、 アメリカのスーパーで"公然"と 売られているのを見て、 日本もいずれこうなると 確...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■著者は経営者である父の死によって、 いきなり借金40億円、倒産寸前の 居酒屋チェーンの社長になりました。 本部の社員は1人だけ。 店舗では板前が勤務中に飲酒。 メガバンクからは資金返済...

続きを読む

>月別(2002年7月~)