無料メルマガ購読

★4経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★★★☆(89点)●松下幸之助はどのような人であったかというと、 本当は気が弱く、神経質な人間であったと思います。 しかし、そのような人間がどうして経営の神さまと呼ばれ、 松下...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●若くして経営者として活躍した著者の実際の経験を、 脚色して、小説仕立て(ケース・スタディ)とした 一冊です。 大企業の新規事業担当者が、 投資先のベンチャ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)●PHP研究所の経営関係の本は、 地味な本が多いのですが、 この本もそうした一冊です。 なぜ地味かというと、当たり前のことを 当たり前に行うということが ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●大阪といえば商人の町です。 住友、三井、鴻池などの 多くの優れた企業が生まれています。 私のなにわ商人の印象は、  ・お上に頼らない、  ・自分の力で這...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●元通産省の役人であり、 日本帝国陸海軍に詳しい堺屋さんだけあって、 組織の硬直化の本質をずばり指摘しています。 腐敗した組織の状態を、『共同体化』と表現して...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)●多くの本を読んできてわかるのは、知識としては理解しても やはり経験して体得した人は強いということです。 その点、本書は、後藤さんが実際の経営において 体験し...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●松下幸之助九十歳のときの、松下政経塾での 塾生との問答集です。 当時の日本はオイルショックを経験し、 赤字国債を発行し始め、 累積赤字が70兆円となろう...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■著者紹介・・・高杉良 1939年生まれ。大学卒業後、石油化学新聞記者。 急性肝炎で入院しているときに、友人のアドバイスで小説を執筆開始。 1975年に「虚...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)●今は「お店を選べる時代」だといいます。 それはどういうことかといいますと、 その日の気分で、高級な店に行く日もあれば、 今日は牛丼ですませようということも...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●著者紹介・・・杉野正 1958生まれ。大学卒業後、ユニ・チャーム入社。 1989年より単身、サウジアラビアで市場を開拓し、成功させる。 1996年HISへ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)