無料メルマガ購読

★4経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★★★☆(84点)■日本には、創業百年以上の会社が、 十万社以上あるそうです。 ところが、日本を除くアジアでは、 百年以上の会社自体がそれほどないという 事実があります。・...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(80点)■中学生の頃、プラモデルといえば、 タミヤの模型でした。 他の会社のキットは、部品がぴったり合わない ことがありましたが、タミヤのキットは 部品がきっちりと...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●マクドナルド帝国を作り上げたレイ・クロックの 自伝です。 52歳のレイ・クロックは、 ミルクセーキ用のマルチ・ミキサーのセールスマンとして、 アメリカ中を...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)●私は日本の経営者の巨人としては、 渋沢栄一と松下幸之助が思い浮かびます。 渋沢栄一は、明治初期に500社もの企業の設立に関係し、 日本近代国家の基礎を作った...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)●人との出会いは貴重なものですが、 この本では一度に外資系社長12名の 話を聞くことができます。 こうしてみてみると、 上昇志向、自信、積極性、勤勉、実力志...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)●松下幸之助の本を読むと、涙が出たり、 体の芯が震えるような感覚に陥ります。 それはなぜなのか? それは、松下幸之助のエピソードから、 個を超越した公を考え...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●どのような企業も、創業時は中小企業であり、 その規模に応じた適切な賃金・人事を行っていく必要があります。 この本は、中小企業であった事例を示しながら、 中小...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)●松下幸之助はどのような人であったかというと、 本当は気が弱く、神経質な人間であったと思います。 しかし、そのような人間がどうして経営の神さまと呼ばれ、 松下...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●若くして経営者として活躍した著者の実際の経験を、 脚色して、小説仕立て(ケース・スタディ)とした 一冊です。 大企業の新規事業担当者が、 投資先のベンチャ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)●PHP研究所の経営関係の本は、 地味な本が多いのですが、 この本もそうした一冊です。 なぜ地味かというと、当たり前のことを 当たり前に行うということが ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)