無料メルマガ購読

★4生き方の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)●家庭生活や仕事においては、 「どちらにしよう?」 と悩むことがあります。 どちらを選んでも、大差はないのですが、 実はそこで運命に差が でるのかもしれま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)●日記というものは非常に重要です。 たぶん、毎日、その日を振り返り、 反省と方向修正ができるからでしょう。・ヨーロッパでも社会的に成功している人は、 性別に...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)●ぼんぼん育ちで、体が弱く、不器用、人見知りの劣等生であった著者が、 強きをくじき弱きを助ける辣腕弁護士になるまでの物語です。 著者は、弁護士として独立...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)●仕事においても家庭においても、 心の安静がえられない男が、 仕事においても家庭においても 幸せそうな叔父さんを訪ねることから、 この物語ははじまります。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)●「覆水盆に返らず」「四面楚歌」 「まず隗より始めよ」など中国故事を 解説する本はいくらでもあります。 ただ、その本の価値を決めるのは、 著者がそれをどう解...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●この本は、この言葉ではじまります。 ・ひとつの質問をしたい。  「あと一年で死ぬと決まったらどう生きるか」(p10)●私の答えは、「それでも本を読み、メルマ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●学校では漢字を覚えるとき、 手で書くということを大切にしました。 書くことで、見たり口にするだけよりも 効果的に覚えることができました。 つまり、手で書く...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●日本一のフェラーリ使いと言われた太田哲也氏は、 雨のレースでポルシェとクラッシュし、 体の60%の大ヤケドを負ってしまいます。 瀕死の大ヤケドから奇跡的にF...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)●日本初の銀行を作った人、 日本初の製紙会社を作った人、 日本初の株式会社を作った人、 日本初の・・・・・・。 渋沢栄一は、 明治初期の日本の骨格を ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)●葬儀の当事者になることなど、 仕事が総務でなければあまりないでしょう。 一般的には30年に1回程度だそうです。 しかし、人の死は必ずやってくるものですから、...

続きを読む

>月別(2002年7月~)