無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(85点)■今年、出版されたフリードマンの ヨーロッパの未来予測です。 まず、大事なのは、 ヨーロッパの歴史認識でしょう。 20世紀当初、ヨーロッパの人たちは 世界...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■日本人の祖先は朝鮮からの渡来人・・ 皇室は朝鮮からやってきた・・ という説があります。 理系の著者が、こうした説の元となった DNAや考古学のデータを再検...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■福島原発事故により、 放射能への健康被害を心配する人が 多くいます。 そうした政治家、マスコミ、学者に対し、 福島ぐらいの微量な放射線は 健康に良いくら...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■内閣官房参与である 飯島勲さんの一冊。 普通の人が知らない 永田町のトピックを 集めいています。 まず、議員秘書という仕事は、 在職年数を聞くと、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■雑誌「FOCUS」編集部から 日本テレビ報道局記者となった 清水さんの一冊。 事件を追う清水さんは、 これまでに桶川ストーカー殺人事件、 冤罪が確定した...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■チェスや将棋は それなりのレベル同士であれば 選択肢はごく限られたものになります。 フリードマンさんは、 国家の選択肢も同じように ごく限られたものにな...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■戦後の日本を支えたリーダー31人に、 「日本の未来への遺言」を 聞いた一冊です。 外れようがない、 ずるい企画ですね。 経営者のお話で印象的だったのは、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■福島原発事故の賠償スキームが 4年前に発表された段階で、 その案について検討した一冊です。 原発事故の賠償は東京電力が行い、 払い切れない分は、支援機構が...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■外務省から排除された 政治家鈴木宗男さんと、 元外務省職員佐藤優さんの対談です。 外務省は、 鈴木宗男さんと田中眞紀子さんの 排除に成功してい...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■小泉内閣で主席総理秘書官を務め、 現在、内閣参与(特命担当)の 飯島さんの一冊です。 秘密は書けないのでしょうが、 対北朝鮮への考え方、 官邸での危機管...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)