無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(81点)■福島出身のアイドルが、 反原発デモに参加し、活動家と深い関係になり 左翼の活動の実態を知ってしまった、 という一冊です。 この左翼活動家のあだ名が、 「ぱよぱよちーん」。 つまり、パヨクです。 最初は、福島のために活動に 参加していましたが、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■バイクと車で世界一周を二度達成した 投資家ジム・ロジャーズさんの一冊です。 ロジャーズさんの投資の流儀は、 自分が知っていることだけに 投資すること。 その国を知るためには、 その国を旅すればいい。・ある国の実情を知るには、 眼前に横たわる国境を...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■あの小保方さんの一冊。 大学時代から、 博士の学位取り消しまでが 書かれてあります。 落ちるところまで落ちた今、 何も恐れるものはない、 というところでしょうか。・取材依頼は連日のように来た・・・ 返事をすると都合のいいところだけを 抜粋して記...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■「孫子」とは、古代中国の呉の 軍師だった孫武が書いた 戦争に勝つためのコツです。 勝てるときに攻め、 負けそうなときは攻めない。 リスクは最小限するように 事前の準備に集中する。 勝ち負けにこだわるのが 孫子らしいところです。・戦うのは有利なと...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■元CIAの大物スパイであり、 元親中派の一人であり、 中国軍事研究の第一人者による 中国の覇権を警告する一冊です。 アメリカは、 ソ連を滅ぼすために 中国に接近。 著者は、中国のスパイと協力し、 いくつかの秘密工作を行い、 ソ連はついに崩壊した...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■今年、出版されたフリードマンの ヨーロッパの未来予測です。 まず、大事なのは、 ヨーロッパの歴史認識でしょう。 20世紀当初、ヨーロッパの人たちは 世界を征服し、相互に交易し、 繁栄と平和が続くと考えられていました。 しかし、1914年から1945...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■日本人の祖先は朝鮮からの渡来人・・ 皇室は朝鮮からやってきた・・ という説があります。 理系の著者が、こうした説の元となった DNAや考古学のデータを再検証すると 結論は真逆でした。 大陸とは、若干の交流があった程度で 大量の渡来人の流入はなく ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■福島原発事故により、 放射能への健康被害を心配する人が 多くいます。 そうした政治家、マスコミ、学者に対し、 福島ぐらいの微量な放射線は 健康に良いくらいだ。 全く問題ないのに、過剰に反応するのは 愚かなことだ、と指摘する一冊です。・玉川温泉・湯...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■内閣官房参与である 飯島勲さんの一冊。 普通の人が知らない 永田町のトピックを 集めいています。 まず、議員秘書という仕事は、 在職年数を聞くと、 決して楽な仕事ではないらしい。・国会議員の有志が秘書の平均在職年数を 調べたことがある。 出て...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■雑誌「FOCUS」編集部から 日本テレビ報道局記者となった 清水さんの一冊。 事件を追う清水さんは、 これまでに桶川ストーカー殺人事件、 冤罪が確定した足利事件など 警察の捜査の先を行っています。 それは雑誌記者時代に学んだ 徹底した調査に基づい...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)