無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)■共同通信の特ダネ記者だった著者は、 テレビ朝日のニュースステーションの ディレクターになりました。 そこで驚いたのは、 テレビはニュースの中味ではなく ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■「孫子」は、紀元前500年も昔の書です。 「孫子」が読み続けられるのは、 その内容がドラッカーと同じように 現実を表現しているからでしょう。 その軍略は軍...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■生活保護「なめんな」ジャンパーを、 市職員が自費で制作して 問題となったニュースがありました。 そのジャンパーには、 "彼らの不正を見つけ、私たちは彼らを...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■無私の日本人として、 1000両の町の基金を作った穀田屋十三郎、 無欲の儒者である中根東里、 京都で慈善を行った大田垣蓮月 を紹介している一冊です。 穀...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■海軍戦闘機操縦者として、 中国、台湾、フィリピン、硫黄島と 転戦し、戦後まで生き残った 坂井さんの一冊です。 戦闘中に何度か負傷し、 さらに片目を失いま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■著者の杉山龍丸(たつまる)とは 何者なのか。 父は、作家の杉山泰道(ペンネーム夢野久作)。 祖父は、明治の大アジア主義者で 政財界の黒幕といわれた杉山茂...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■2001年に外務省で ロジスティクスを担当する ノンキャリアの松尾克俊が 逮捕されました。 ロジスティクスとは、 首相の外遊や要人来日の出入国手続きから...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■北方領土解決を目指したために 鈴木宗男とともに粛清された佐藤優と、 わかりやすいジャーナリスト 池上彰の対談です。 現実を伝えるジャーナリストと 国際...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■朝日新聞系列の雑誌「アエラ」の編集者として 朝日新聞の近くで仕事をしてきた 長谷川さんの一冊です。 長谷川さんの思いは、なぜ朝日新聞は、 従軍慰安婦を裏取...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■TBSの「報道テロ」の記録ということで 最近の本かな、と手にしたら 10年前の本でした。 第一次安倍内閣の頃です。 当時は北朝鮮が拉致を認め、 核開発も...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

>月別(2002年7月~)