無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(86点)明治の人間の方が、戦後の人間より欧米人と話が通じたといわれるのも、各々が自分の原理を明確に意識していたからだろう。もちろんその原理の内容は欧米と同じではない。しかし、「なるほど、それがお前の原理か、しかし私の原理はそうでなく、こうなのだ」といえたことは...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)人類はしばしば、先見性に富む人物を生んできた。彼には先が見えるから、現在何をなすべきかがよくわかる。しかし、認識しただけならば、先見性を持った知識人、で終わってしまう。見え、理解したことを実行に移すには、権力が必要だ。●自分の考えを実行するためには...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■アメリカの戦争に突入した判断は、 大きな間違いであったと思います。 ここの大きな判断で間違ってしまうと、 戦略や戦術で結果を変えることはできません。●しかし、もう少しうまくやることはできなかったのか。 この本を読むと、日本軍の非能率ぶり、精神主義には、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)歴史を軽視すると、歴史に罰せられるのです。●20世紀を振り返ると、 本当に人間がやったのかと思えるような 殺戮と過ちが満ちている。 人は歴史に学ぶ必要があるのは明らかだが、 まず自分から歴史を学ぼうと思う。-----------------------...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)