無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)●太平洋戦争において撃墜王と呼ばれた 著者が語る「零戦の真実」です。 零戦を通じて、本当の日本海軍の 実態が見えてきます。●戦争当初、零戦は米兵から 本当...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)●アメリカのコロラド大学で3年間教え、 イギリスのケンブリッジ大学で 一年暮らした著者が気付いたのは、 日本の世界に誇るべき「情緒と形」を重要視する文化です。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)●長年、日本で生活してきた韓国人である著者によれば、 外から見た日本と、内側から見た日本に微妙な、 かつ本質的なギャップがあるといいます。 それは自己主張の方...

続きを読む
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)●帝国陸軍の実態を、内部から観察し、 その実態を分析した一冊です。 著者によれば、帝国陸軍では、 現実を直視しない、 作精神論だけの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●織田信長ほど、常識を突き抜け、 さまざまな評価を受ける人はいないでしょう。 鉄砲を使った合理的な戦闘集団を作り、 楽市・楽座で経済を活性化させる手法により、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)●私は米国に半年、スイスに半年、カザフスタンに1年ほど 滞在した経験があるのですが、 日本にいるときには見えなかったものが 外に出ると見えてくるということがあ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)●フィリピンでゲリラとして戦後30年間 戦争を続けた小野田さんの話を聞くと、 戦前の日本のイメージが湧き上がってきます。 ・なぜ生きて帰った私だけがこんなに...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)●著者は、太平洋戦争で日本が敗れた原因は、 日本人に固有の特性によるものであり、 その特性は、現在でも変わっていない、 としています。●たとえば、わが社には...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●本書は猪瀬氏が道路関係四公団民営化推進委員に任命された 2002年に発行されたものですが、 猪瀬氏の官僚国家日本を分析する活動には頭が下がります。 歴史に名...

続きを読む
代表的日本人(岩波文庫)postedwithamazletat08.06.13内村鑑三岩波書店売り上げランキング:1225おすすめ度の平均:代表的日本人印象深いのは「上杉鷹山」...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)