無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(81点)●私は米国に半年、スイスに半年、カザフスタンに1年ほど 滞在した経験があるのですが、 日本にいるときには見えなかったものが 外に出ると見えてくるということがあ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)●フィリピンでゲリラとして戦後30年間 戦争を続けた小野田さんの話を聞くと、 戦前の日本のイメージが湧き上がってきます。 ・なぜ生きて帰った私だけがこんなに...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)●著者は、太平洋戦争で日本が敗れた原因は、 日本人に固有の特性によるものであり、 その特性は、現在でも変わっていない、 としています。 たとえば、わが社には...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)●本書は猪瀬氏が道路関係四公団民営化推進委員に任命された 2002年に発行されたものですが、 猪瀬氏の官僚国家日本を分析する活動には頭が下がります。 歴史に名...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●百年前に内村鑑三が、日本を紹介するために 英文で西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人を紹介したものです。 実は私、1年前はこれらの人がどうゆ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)公に身を捧げる使命感。国民にその心が失われたとき、その国家が危うくなることは歴史が教えているとおりである。「おじいちゃん戦争のことを教えて」 中条 高徳-...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)両社長(カルロス・ゴーン、八城政基)の発言の共通項を列挙してみよう。「会社の知名度が高く、社員はみんなエリートと言われたが、責任の所在があいまいで、決断がきわめ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)大きな社会変動のある時代には、「今いる組織の外に出ても、必要とされる技術や能力をもっているか」が人の死活をわける。●江戸から明治に生きた猪山家の 37年...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)旧制中学や旧制高校の学生たちは、「死とは何か」「生とは何か」「人生いかに生きるべきか」といったことばかり考え続けていたのです。それなのに、いまの日本の青少年...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■1963年11月22日、ケネディがダラスで暗殺された朝、 リチャード・ニクソンは ダラス空港をニューヨークへ向かっていた。 そのニクソンは、その後、ウォータ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

>月別(2002年7月~)