無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

日本人という生き方postedwithamazletat10.04.03小田島裕一エイチエス売り上げランキング:18772Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(86点)■ウガンダで2年間、野球指導を通じて 日本精神をウガンダの生徒に教えてきた 小田島さ...

続きを読む
産廃ビジネスの経営学(ちくま新書)postedwithamazletat09.11.01石渡正佳筑摩書房売り上げランキング:26297Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(83点)■千葉県の産廃Gメンとして不法投棄を 数多く摘発してきた著者の一冊です。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■54名の外国人から 日本の良いところを聞いた一冊です。 私もカザフスタンに駐在していましたので どうしても自分の国と比べてしまう。 だからこそ、わかることがあると思うのです。 ■客観的に見て、現在のように世界第二位の 経済大国となった日本には、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■多くの本を読んできましたが、 農協を良く言う本を 読んだことがありませんでした。 農業へ参入しようとする人のジャマをする。 自分で農産物を売ろうとすると妨害する。 農業の指導ではなく、借金をさせようとする。 この本でその理由がわかりました・農協を通...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■硫黄島については、映画も製作されていますが、 太平洋戦争末期、日米で激しい戦闘が行われた 東京南方1250kmの島です。 日本側は、栗林陸軍中将以下二万の兵。 米国側は、後方支援十万、重装備の海兵隊六万。■栗林中将の指揮する日本軍は、 高温で硫黄ガス...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■小泉内閣には賛否両論あるようですが、 結果を見れば、郵政民営化、道路公団民営化、 靖国神社参拝、訪朝と拉致被害者の帰国と 結果と筋を通したように感じます。 マスコミをもコントロールする役人の抵抗を 排除しながら、こうした実績を残したのは、 評価すべき...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■大前研一氏の強さは、海外を含めたコンサルタント経験から、 視野が非常に広いということでしょう。 歴史的な背景を説明しながら、 問題を指摘して、こうすればよくなった事例があると ベスト・プラクティスを示すことができるのです。 ・大学の役割・・・「社会人と...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■日本には、創業百年以上の会社が、 十万社以上あるそうです。 ところが、日本を除くアジアでは、 百年以上の会社自体がそれほどないという 事実があります。 ・創業百年以上・・・十万社以上と推定されている・・・  日本以外のアジアでは、まず百年以上も  ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)●著者が主張する大きな環境問題のウソは3つです。●まず、プラスチックのリサイクルです。 膨大な税金と、分別に膨大な手間がかかっているにもかかわらず、 実際に再利用されているのはごくわずかというのが 現実のようです。 ・ペットボトルの販売量が51万トンなの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆84点●私も常々感じていますが、 省庁の行う調査、マスコミの行う社会調査については、 かなりのものが信用できないそうです。 その原因は、サンプリングのまずさ、誘導質問 いいとこ取り、印象操作、相関関係の誤解などいろいろな ものがあります。●恐ろしいのは、そうした...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)