無料メルマガ購読

★4政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(82点)■脅し、尾行、盗聴、暗殺・・・ 暴力団か、CIAの本かなと思ったら、 創価学会の本でした。 公明党委員長などを歴任した著者は、 「文藝春秋」に「極秘メモ全公...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■東京電力の影に隠れて、 地味な東北電力に 光を当てた一冊です。 そういえば、東北電力は 被災電力なのです。 東京電力福島第一は津波により 炉心溶融しま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■この本の伝えたいのは、 次の2点です。 シャープが大赤字に転落したのは、 政府の成長戦略政策により薄型テレビが 短期間に売れてしまったことが原因である。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■エコ、低炭素・・・であれば、 何でも無条件に素晴らしい といった風潮があるようです。 でも、本当にエコなのか? 本当に二酸化炭素が地球を温暖化しているのか...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■バブル崩壊中の1996年に ペンシルロケットの糸川教授が書いた一冊。 糸川教授は1987年のバブルまっただ中で 日本経済が危ない!と警告しています。 その...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■非常に大きな影響力を持つテレビへの 提言をまとめた一冊です。 その大きな影響力を考えれば、 テレビの報道姿勢が、国家や個人の運命さえ 変える可能性がありま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■日教組による自虐歴史授業は有名です。 中国、韓国は、歴史教科書への記載内容を批判します。 ●●新聞は、歴史教科書問題を拡散させます。 普通の国では国家反逆罪...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■ジョン・F・ケネディ大統領が、 もっとも尊敬する日本人 上杉鷹山の生涯について  分析した一冊です。 上杉鷹山は、17歳で山形の米沢藩主となりました。 し...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■「ココダ」とは日本軍とオーストラリア軍が戦った パプアニューギニアのココダ街道です。 ココダでの戦いでは、 日本側約13,000人、オーストラリア側約3,0...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■3月11日の福島第一原発事故を 振り返る一冊です。 小説的な構成で、これまで読んだものの中では、 もっともわかりやすい一冊ではないでしょうか。 当時現場で...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)