無料メルマガ購読

★5人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★★★★(94点)■多くの本を読んできましたが、 この本はもっと若いとき、できれば学生時代に 読みたかったと思いました。 これこそ、本当に使える心理学と いえるものでしょう。  ・あるがままの自分を受け入れて   喜んで生きているというのが、   最高にハッピーになる...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■人生は交渉の連続です。 学校でも、職場でも、家庭でも、 いかに相手に気持ちよく、 自分の思うとおりに動いてもらうかは、 人生で最も大切な技術であるといって良いでしょう。  ・子供が全然勉強しないので、勉強をさせたい。   ただ「勉強しろ」と言えば、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■この本の著者は、十代で父を亡くしたことにより、 「充実した人生とはなんなのか」 と考えるようになりました。 そして、その答えを見つけるために、 235人の老人たちにインタビューを実施。 単なる知識ではなく 本物の「人生の智恵」を集めたのです。  ・...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■心理学というと 他人を操る、自分の思うとおりに操作する、 といったイメージがありますが、 この本はいかに、自分の幸せをつかむか ということに焦点を当てて教えてくれる一冊です。■まず、いかに人に好かれるか。 いきなりですが、その答えは明快です。 それ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(97点)■原田先生の最も初期の著作です。 それだけに、原田先生の試行錯誤、苦労の軌跡が しっかりと書いてある一冊でした。 原田先生の人生は、 常に自らの退路を断った「決断」によって 大きく前進しています。■まず、最初に赴任した中学校で、 家庭内暴力に悩んだ親...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■出世の階段を登るために、 最も困難であろうと思われるのは、 「人間の器」ではないでしょうか。 知識や経験は努力でなんとかなります。 しかし、「人間の器」には、こうすれば器が大きくなる といった答えはないように思われます。■しかし! この本には、「人...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■交渉術の本では「ハーバード流交渉術」が好きなのですが、 それを超える本が登場しました。 この本です。 ハーバード流の基本は、 人と問題を分離すること。 つまり、相手の感情には配慮しながらも、 あくまでそもそもの目的を明確にし、 相手に冷静な判断を求...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■大沼さんは、保護司をしています。 保護司とは、保護観察処分をうけた非行少年などの 更正を支援する人です。 大沼さんは、たくさんの愛を与えながら、 多くの少年を更正してきました。■この本に出てくる非行少年たちは、 すべてひどい親を持っています。 「お...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■著者は、短気で怒りっぽく、会社でも家でも 「自分は正しい」 「なんでこんなこともできないんだ!」 と考える人間でした。 ところが一冊の本との出会いから、 良いイメージの自分を作り、自分を許し、 行動を変えることができるようになったそうです。 さらに...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■エステティシャン世界一とはいえ、 しょせん洗顔と思ったのが大間違いでした。 洗顔とは、自分を大切にすること、 自分を活かすこと、 つまり、生き方そのものなのです。 洗顔により、自分の心を光らすことによって、 他人にも良い影響を与える力を蓄えるのです。...

続きを読む
1 2 3 4 5 6

>月別(2002年7月~)