無料メルマガ購読

★5人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★★★★(91点)■交渉とは、言葉の戦いです。 相手を褒める、感謝し、脅し、叱る。 相手を殴らずに、 相手をコントロールすることが 最終目的です。 尊敬されないまでも、 最低限ナメられないようにしないと、 交渉はできません。・もし不愉快な言動をとってくる人間がいると...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■仕事をバリバリやって、 成果を出してきた著者は、 左遷されました。 それは、となりの部署の仕事を 一生懸命やったからです。 会社としては正しくても、 上司は評価してくれませんでした。・私が他部署の仕事を手伝ったときに犯した過ちは・・ 「事前に上司...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■従順な東北人としては衝撃の一冊でした。 従順とは、不安があるから 相手に迎合すること。 相手に反発しながらも、 不安から自分を守るために 相手の言うことに従っている。 例えば、厳しい上司に たいへんな仕事を命令され、 「はい」と言ってしまう場合で...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■自分の心の中の状況を 言い当てられたような気持になった一冊です。 例としておかしいかもしれませんが、 私は仕事を何でも「ハイ」と言って やってきたタイプ。 良く見れば素直ですが、 悪く見れば自主性がない。 ただ、それでうまくいっていたという 成功...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■世の中にはいろいろな人がいますので、 人間関係もいろいろあると思います。 この本では、世の中で出会うであろう 自分をイヤな気持にさせる人への 対応法を学びます。 私もいろいろ考えてきましたが、 著者のほうが一枚上手でした。・「迎撃フレーズ」を用意し...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■この本では、 自殺寸前でセラピーに参加し、 自殺を思いとどまり、 心理カウンセラーとして活躍するまでの 著者の道のりを教えてもらえます。 そして、 著者はカウンセリングによって 「もう死にたい」という人を どうやって助けるのか、 ということも...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■「自分さがし」とは、 自分の記憶をたどる旅です。 過去には良い思い出も、 悪い思い出もあるでしょう。 絶対許せない! という経験があるかもしれません。 でも、物事には良い面と 悪い面があるんだよ。 悪いと思っていた思い出に、 良いことに変換して...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■世の中には、不思議なことに、 同じ失敗をしても、自分を責める人と、 他人に責任をなすりつける人がいます。 この本は、自分を責める人のための本です。 こうした人は、自分の感情を あまり出さない傾向があります。 なぜなら、感情を出しては、 相手に悪いと...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■著者は、心理カウンセラーです。 最初は「手相家」として、 「大丈夫ですよ、長生きの相が出ています」 などとアドバイスしていました。 しかし、手相だけでは 悩める人を助けることに限界があります。 そこで著者は、心理学を使って、 悩みの原因を整理し、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■ドイツ情報局員が明かす情報提供者の スカウト方法です。 実際に情報提供者との接触から獲得まで 実例を通じて学んでいきます。 まず、驚いたのは、 スカウトは脅しではなく、 信頼から始まるということ。 情報提供者は、 自らの意志で情報を提供するように...

続きを読む
1 2 3 4 5 6

>月別(2002年7月~)