無料メルマガ購読

★5政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★★(94点)■賃金コンサルタントが、公務員の賃金について分析した一冊です。 著者の分析の結果、わかったことは、 まず、公務員の退職金が異常に高いこと。  ・民間企業の従業...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■現在、詐欺の名目で懲役3年の実刑判決を受け、 服役中の田中元検事の一冊です。 著者は、東京特捜部に在籍していた辣腕検事であり、 その検事を辞めた後、弁護士と...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■小泉劇場、刺客、丸投げ・・・ 多くの名言を残した小泉元首相。 その秘書官から小泉政治の裏側を 解説した一冊です。■こうして読んでみると、 小泉改革の内容...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■横森さんは、農家に生まれ、 若くしてアメリカで大規模農業の研修を受け、 その後しばらく電気部品を作っていた変わり者です。 ちょうどオイルショックで仕事が減っ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)●これは、本ではなく、論文です。 史実を調査し、日本の諜報の あるべき姿を提言しています。 著者は、日本における諜報組織の弱さを 過去にさかのぼって明らかに...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)●私はこの本を読んで、 ドラえもんの場面をイメージしました。 のび太は、スネ夫とジャイアンにいじめられます。 「50年前、お前のおじいさんと親父に、  家族...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)●日本の良さ、日本人の特徴、 日本人の気質を、考古学の権威(故人) である著者が、教えてくれる一冊です。 ・村八分という文字の示すとおり、この断絶は、  "...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)●この世の中には完全なる正義、 完全なる悪というものはありません。 同じ事象も、ある立場からみれば正義、 ある立場から見れば悪という側面を持っています。●そ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)●仙台の町を歩いていると、 だいたいの商店には少年の写真が飾ってあります。 そのニターッと笑った粗末な少年が仙台四郎です。 四郎は、明治初期に仙台の町に生きた...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)●この本は2つの楽しみ方があると思います。 落胆するか、苦笑するかです。 軍部がお役所になっただけで、 日本の本質が変っていないことに、 とてつもない悲しさ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)