無料メルマガ購読

★5政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★★(90点)■日中戦争当時の報道写真を 集めた一冊です。 朝日新聞の「アサヒグラフ」、 現在の毎日新聞の「支那事変画報」からの 写真が中心となっています。 当時の中国...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■駿台予備校世界史の講師は、 今の日本をとりまく時代を どのように説明するのでしょうか。 面白いところは、 アメリカや日本でのマスメディアの 印象操作を指...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■第二次世界大戦終戦のとき、 著者は、満洲国にいてソ連軍の侵攻、 その後の共産党軍と国民党軍との 戦いを目撃しました。 長春市の国民党軍は、 共産党軍に包...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■外国人だからわかる、 どうして日本人は平和ボケなのか、 教えてくれる一冊です。 ケントさんが最初に違和感を持ったのは、 日本では共産主義者が 堂々と活動...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■イトマン事件の 内実を記した一冊です。 イトマン事件とは、 商社であるイトマンから 絵画や不動産や融資の形で 政治家、ヤクザ、不動産業者に 資金が流出...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■アメリカの戦略シンクタンク顧問であり、 安倍首相とも会談している著者が教える 外交戦略の真実です。 ルトワックさんは、外交における 戦略は「逆説的」になる...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■織田信長から豊臣秀吉に 天下が転げ落ちていくなかで、 二十万とも言われる豊臣勢は、 蒲生氏郷(がもううじさと)を総大将とする 十万の兵を東北に向かわせます...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■「日本は歴史を直視せよ」 という人がいます。 そういう人は、 適切に回答できないと ますます増長してきます。 この本は、ドイツにおいて 外国人の主張に...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■人は正しいと思うことを実行しますが、 "それは本当に正しいのですか?" と再考を促す一冊です。 例えば、医療費を下げるために 医療費の自己負担割合を上げる...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■私の愛読メルマガ 「JapanontheGlobe-国際派日本人養成講座」 が書籍になりました。 伊勢雅臣さんは、海外子会社の社長を 歴任していま...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)