無料メルマガ購読

★5政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★★(90点)■「武士の家計簿」の磯田先生の 雑誌連載をまとめた一冊です。 古文書を読むと、 日本史の本当の姿が見える。 古文書を読む磯田先生の ワクワクが伝わってくる 一冊でした。・黄門さま以来、 水戸は歴史に執念を燃やした藩で 色々と史料があつまっている。...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■元朝日新聞記者の長谷川さんが 「モリ・カケ」の加計学園疑惑に 絞って調査した一冊です。 加計学園疑惑は、 朝日新聞の歪曲報道からはじまったと 断言しています。 なぜなら、朝日新聞が加計学園疑惑の 根拠とした文科省の内部文書には 安倍首相が関与した...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■日中戦争当時の報道写真を 集めた一冊です。 朝日新聞の「アサヒグラフ」、 現在の毎日新聞の「支那事変画報」からの 写真が中心となっています。 当時の中国には各地の軍閥が 内戦状態にあり、 市民は治安の乱れに困窮していました。 治安を回復してくれる...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■駿台予備校世界史の講師は、 今の日本をとりまく時代を どのように説明するのでしょうか。 面白いところは、 アメリカや日本でのマスメディアの 印象操作を指摘しているところです。 アメリカのトランプ叩き。 日本の安倍叩き。 権力を監視するのは マス...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■第二次世界大戦終戦のとき、 著者は、満洲国にいてソ連軍の侵攻、 その後の共産党軍と国民党軍との 戦いを目撃しました。 長春市の国民党軍は、 共産党軍に包囲され、 家族の多くは餓死しました。 どうしてこうなってしまったのか。 著者が明らかにするのは...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■外国人だからわかる、 どうして日本人は平和ボケなのか、 教えてくれる一冊です。 ケントさんが最初に違和感を持ったのは、 日本では共産主義者が 堂々と活動していること。 アメリカでは共産主義活動は 法律で禁止されているのに、 なんでそうなるのでしょ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■イトマン事件の 内実を記した一冊です。 イトマン事件とは、 商社であるイトマンから 絵画や不動産や融資の形で 政治家、ヤクザ、不動産業者に 資金が流出したものです。 少なくとも5000億円が、 消えてしまいました。 メインバンクの住友銀行も ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■アメリカの戦略シンクタンク顧問であり、 安倍首相とも会談している著者が教える 外交戦略の真実です。 ルトワックさんは、外交における 戦略は「逆説的」になると説明します。 つまり、外交においては ・平和が戦争につながる、 ・勝ち続けると負ける、 ・...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■織田信長から豊臣秀吉に 天下が転げ落ちていくなかで、 二十万とも言われる豊臣勢は、 蒲生氏郷(がもううじさと)を総大将とする 十万の兵を東北に向かわせます。 強引な奥州仕置や検地により、 伊達政宗など反逆する勢力があれば 攻め滅ぼそうとしたわけです...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■「日本は歴史を直視せよ」 という人がいます。 そういう人は、 適切に回答できないと ますます増長してきます。 この本は、ドイツにおいて 外国人の主張におもねるのではなく、 反論すべきは反論してきた 著者の一冊なのです。 ホロコーストと南京事件を...

続きを読む
1 2 3 4 5 6

>月別(2002年7月~)