無料メルマガ購読

★5国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★★★(93点)■2005年、中国が小泉総理の靖国神社参を 執拗に攻撃していた頃の一冊です。 当時から中国の態度は同じですが、 最近は、自作デモによる日本法人の焼き討ち、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■集中的に日中韓関係の書籍を読んでいます。 この本は、韓国好きの著者によって書かれた、 日韓併合後の日本統治時代を 再評価するものです。 現在の韓国では、日...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■スタンフォード大学院で2年間、 国際政治経済を専攻した佐々木さん。 アメリカ留学により、 何が得られるのか? 日本と米国の違いは? こうした問いに答えて...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■「チャイナ・ナイン」とは 「中央政治局常務委員」9人のこと。 中国共産党の最高意思決定機関は 「中国共産党全国代表大会」。 その中に「中国共産党中央委員会...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■テレビを見ていると 「中国が靖国参拝を批判して・・」 「韓国議員が竹島訪問・・・」 「ロシアがグルジアを攻撃・・・」 「拉致被害者の安否を・・・」 「沖...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■ユダヤの知恵には、 引かれるものがあります。 知恵を宗教として まとめていることも興味深いのですが、 笑いがあることが 私を引きつけるのでしょう。 多...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■キリスト教の国、イスラム教の国で 仕事をしたことがありますが、 あまり宗教の話はしませんでした。 しかし、実際には宗教というものが 各国の人々の思考・行動...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■「沖縄はゆすりの名人」との報道で、 国務省日本部長を更迭された ケビン・メア氏の一冊です。 事実関係があまり報道されなかったので、 不思議に思っていました...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■大笑いの一冊。 早稲田大学探検部卒業の著者は、 世界中の辺境を旅し、 時には死にそうになり、 時には金を取られ、 時にはゲロを吐いたのです。・中国の公...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■テレビでおなじみみの危機管理の専門家、 佐々淳行さんの一冊です。 佐々さんは、35歳で 在香港日本国総領事館領事として 警察庁から出向しています。・警...

続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)