人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「危険不可視社会」畑村 洋太郎

2010/01/15公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(72点)


要約と感想レビュー

■事故を分析して、どうしてトラブルが
 発生するのか、考える一冊です。


 私には、ボーイングとエアバスの設計思想が
 違うので、パイロットはどちらかしか運転しない
 というところが、印象に残りました。


 同じような設備ならミスが減るわけです。


 日本の場合は異動がありますが、
 できるだけ設備は同一にし、設計思想も
 統一したほうがいいのでしょう。


この本で私が共感した名言

・サイドドアビーム・・・これを入れると製造コストが上がるので、輸出用の自動車にはすべてに入れていたのに、国内向けの自動車のほうにはわざと入れずに販売していたことがあった(p100)


・ボイラーが長らく安全率を「5」に取っていたように、何が起こるかわからない状況で致命的な事故やトラブルを絶対に起こさせないようにするには、原子力でもこれくらい手厚い対策で防護をすることが必要ではないでしょうか(p138)


・大きな事件や事故が起こった現場の視察は、だいたい三週間後に行うように心がけている(p172)


・81年の法改正では耐震基準が強化されましたが、厳しくなった条件をクリアした新しい建物は大地震の揺れに持ちこたえることができた(p173)



【私の評価】★★★☆☆(72点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: