★★★★★「本多静六、バフェット...大富豪に投資術を学ぶ8冊


■投資術を学ぶとすれば、
 長期的に投資で成功している人に
 話を聞いたほうがいい。


 FX(外国為替証拠金取引)などで
 数年勝つ人はいるかもしれませんが、
 何十年と勝ち続けている人は、
 ほとんどいないでしょう。


 何十年と勝ち続けている人には、
 どのような特徴があるのでしょうか。


■ご紹介するのは、学者でありながら、
 本業に関係する副業で資金を貯め、
 投資で大富豪となった本多 静六さん。


 そして、会社経営者でありながら、
 余裕資金を優良企業の株式購入で、
 日本の大株主となった竹田 和平さん。


 海外では、投資の神様と言われる
 ウォーレン・バフェット。
 そして、冒険投資家の
 ジム・ロジャーズです。


■いずれも、
 自分の特異な分野に集中して
 投資しています。


 綿密な調査により、
 誰もが気づかないうちに
 本質的な割安株、商品を購入する。


 長期的には、その価値に合った
 適切な価格となることで
 大きな利益を生むわけです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★★★「本多静六、バフェット...大富豪に投資術を学ぶ8冊
──────────────────────────────




本多 静六

私の財産告白 (実業之日本社文庫)
■「私の財産告白」本多 静六
【私の評価】★★★★★(93点)
http://1book.biz/2008/01/30/post-633.html



人生計画の立て方 (実業之日本社文庫)
■「人生計画の立て方」本多 静六
【私の評価】★★★★☆(89点)
http://1book.biz/2008/12/01/post-894.html



<ウォーレン・バフェット>

スノーボール(改訂新版)〔上〕 ウォーレン・バフェット伝 (日経ビジネス人文庫)
■「スノーボール (上) ウォーレン・バフェット伝」アリス・シュローダー
【私の評価】★★★★★(95点)
http://1book.biz/2016/01/25/post-3211.html



バフェットからの手紙 [第3版] (ウィザードブックシリーズ)
■「バフェットからの手紙」ローレンス・カニンガム
【私の評価】★★★★☆(87点)
http://1book.biz/2005/04/27/200001.html




竹田 和平

花のタネは真夏に播くな ~日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学~ (文春文庫)
■「花のタネは真夏に播くな」水澤 潤
【私の評価】★★★★☆(89点)
http://1book.biz/2009/04/12/post-1032.html



いま伝えたい生きることの真実
■「いま伝えたい生きることの真実」竹田 和平
【私の評価】★★★★☆(80点)
http://1book.biz/2007/06/29/post-447.html




ジム・ロジャーズ

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く
■「冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート
市場の英知で時代を読み解く」ジム・ロジャーズ
【私の評価】★★★★☆(85点)
http://1book.biz/2016/03/10/post-3242.html



冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 (日経ビジネス人文庫)
■「冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行」
【私の評価】★★★★★(93点)
http://1book.biz/2008/05/06/post-728.html




楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


blogranking.png
人気ブログランキングへ

▼【select本のソムリエのおすすめ本一覧】

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む