タグ「94点」が付けられているもの

    「かばんはハンカチの上に置きなさい」川田 修

    【私の評価】★★★★★(94点) ■プルデンシャル生命のトップ営業マンの  一冊です。  名言もなく、派手さもないのですが、  なんとも品格のある一冊でした。 ■読んでみると、人の良いところを取り入れて、  徹底して実践しているように  感じました。  だれでもお辞儀はしますが、  川田さんのお辞儀は誰よりも長いのです。  プロは同じことをしていても、  ...

    「中卒の組立工、NYの億万長者になる。」大根田 勝美

    【私の評価】★★★★★(94点) ■「人生はドラマだ」という人がいますが、  大根田さんの人生はそのとおりだと  思いました。  中卒組立工から海外駐在。  営業マンとして独立し、  最後には会社を経営するまでになります。  その途中は、順調という言葉は  ほとんどありません。  山あり谷あり、  成功もあれば失敗もある。  よく奥さんがついていったと思い...

    「吉越式会議」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★★(94点) ■「天使のブラ」トリンプにおいて  19年連続増収増益を達成した  吉越さんが教える会議のコツです。  19年連続増収増益の原因は、  やはり短時間に何十もの議題を処理していく  早朝会議にあったようです。 ■早朝会議では、立派な資料は使いません。  プロジェクターも書類のハガキサイズの  部分しか映し出しません。  した...

    「失敗百選 41の原因から未来の失敗を予測する」中尾 政之

    【私の評価】★★★★★(94点) ■これまで数多くの失敗学の本を読んできましたが、  この本ほど「なーるほど」「え~そうだったの!」  と納得させてくれる本はありませんでした。  なぜなら、この本には、  あなたも知っている有名な100の失敗例が  解説してあるからです。(これは素晴らしい) ・頻発するシナリオ共通要素の数は、  100個程度あれば十分(p...

    「発酵道」寺田 啓佐

    【私の評価】★★★★★(94点) ■著者は、25歳で老舗の酒屋の婿養子となり、  300年続いた商売を引き継ぐことになりました。  自分の代で潰してはならない。  そうした思いから、利益を追求し、  原材料費を削減し、簡単で儲かる酒を造っていきました。 ■しかし、時代の流れは  日本酒から洋酒、ビール、焼酎などに移り、  日本酒の生産量がどんどん減少してい...

    「「なりたい自分」になる心理学」國分 康孝

    【私の評価】★★★★★(94点) ■多くの本を読んできましたが、  この本はもっと若いとき、できれば学生時代に  読みたかったと思いました。  これこそ、本当に使える心理学と  いえるものでしょう。   ・あるがままの自分を受け入れて    喜んで生きているというのが、    最高にハッピーになる条件だと思う。(p21) ■人間関係で悩むのは、自分にも意志...

    「最後のパレード」中村 克

    【私の評価】★★★★★(94点) ■ディズニーランドには、数多くの感動の物語が  語り継がれています。  ディズニーランドものは幾つも読んできましたが、  この本が一番泣ける本でした。 ■ディズニーランドは、テーマパークという業態ですが、  これだけの集客力と伝説を考えると、  一種の文化、遺産ともいえるものに  なっていると思います。  つまり、社会にと...

    「成功者の習慣 成功する人は何が違うのか」原田隆史

    【私の評価】★★★★★(94点) ■車でこのCDを聞いていました。  やはり、原田先生はすごい。  このCDを繰り返し、聞いています。  やはり成果を出している人は、  ツボを抑えていると思います。   ・これが方程式です。1番目はイメージ、    2番目がすさみ除去。すさみ除去の原則としては3つ。    それは場を清める。整理整頓、環境美化というか。  ...

    「交渉術」佐藤 優

    【私の評価】★★★★★(94点) ■今、話題の北方領土問題ですが、  2002年に北方領土問題に取り組んでいた  鈴木宗男さんとともに粛清された  元外務省官僚 佐藤 優さんの一冊です。  佐藤さんは、外務省の内部抗争で敗れた立場ですので、  この体験の反省を含めて、この本を書いています。 ■基本は交渉術なのですが、この本の面白さは、  外務省という組織の...

    「公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか」北見 昌朗

    【私の評価】★★★★★(94点) ■賃金コンサルタントが、公務員の賃金について分析した一冊です。  著者の分析の結果、わかったことは、  まず、公務員の退職金が異常に高いこと。   ・民間企業の従業員がもらった退職金    総額8兆2056億円÷2048千人=1人あたり401万円    公務員がもらった退職金    総額2兆8700億円÷223千人=1人あ...

    「挑戦する経営―千本倖生の起業哲学」千本 倖生

    【私の評価】★★★★★(94点) ■DDI,イー・アクセス、イー・モバイルを  創業してきた千本社長の一冊です。  「日本の電気通信事業のために適正な競争環境が必要」  との信念でDDIを創業されたところには感動しました。  そうした信念は、若いころ米国留学しているなかで、  「独占企業は悪」というアメリカ精神を  植えつけられたとのこと。   ・「民営化...

    「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」谷原 誠

    【私の評価】★★★★★(94点) ■交渉術の本では「ハーバード流交渉術」が好きなのですが、  それを超える本が登場しました。  この本です。  ハーバード流の基本は、  人と問題を分離すること。  つまり、相手の感情には配慮しながらも、  あくまでそもそもの目的を明確にし、  相手に冷静な判断を求めるものです。   ・辻さんは、対立を避けるために譲歩せず、...

    「脳が教える!1つの習慣」ロバート・マウラー

    【私の評価】★★★★★(94点) ■昔、ある本で読んだエピソードを思い出しました。  安岡正篤(やすおか まさひろ)が、若くして抜擢された  やる気満々の「財界」編集長へ、次のように助言しています。  「急な改革はしちゃいけない。   知らないうちに改革が終わっていた   というようなやり方でなくてはいけない」  当時は、この言葉の意味がよくわかりませんで...

  1 2 3 4 5 6  

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)