タグ「92点」が付けられているもの

    「楽しい人生を生きる宇宙法則」小林 正観

    【私の評価】★★★★★(92点) ■先日、小林 正観さんが亡くなりました。  小林さんが本や講演会で伝えていたことは、  感謝、笑顔、掃除、ありがとう、です。  何があってもありがとう。  世の中には、問題はないのです。 ・相手を変えようとか、自分の目の前の現象を変えようとか  思っているうちは、問題は解決しません。  宇宙にはもともと問題は無いからです。...

    「「苦しい」が「楽しい」に変わる本」樺沢 紫苑

    【私の評価】★★★★★(92点) ■日本では、毎年3万人の人が  自殺でなくなっています。  一方、東日本大震災の死者は1.5万人、  行方不明者は4000人、  合計2万人くらい。  毎年、震災が起きている  ようなものなのです。  著者は精神科医として、  この自殺者を減らしたいと  この本を書きました。 ・「苦しい」は、成長している瞬間です。(p59...

    「ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録」西川 善文

    【私の評価】★★★★★(92点) ■住友銀行において、  不良債権処理を担当し、  頭取として大合併による  三井住友銀行を作った男。  そして、大腸がんをわずらいながら、  郵政事業の民営化を  指揮した男が西川氏です。  生粋の事業再生人であることが  わかります。 ・まさに戦場のような経済状況のなかで、銀行の  役割の一つは野戦病院であると私は考えて...

    「懸命に生きる子どもたち」池間 哲郎

    【私の評価】★★★★★(92点) ■「あなたの夢は何ですか。   私の夢は大人になるまで生きることです」と  ほぼ同じ内容。  NPOアジアチャイルドサポートで  子どもたちを支援している池間さんが  日本で講演している内容を本にしたものです。  しかし、なぜか涙が出てきますね。 ・ゴミを拾っている子どもたちに・・・  近くの公園にピクニックに行くことにな...

    「人生がときめく片づけの魔法」近藤 麻理恵

    【私の評価】★★★★★(92点) ■内容的には「断捨離」のように、  捨てる技術です。  その基準は、  心が「ときめく」かどうか。  そして、服、書籍、小物の順番で、  すべて一箇所に集めて  整理していきます。  非常にシンプルですね。 ・まず、家じゅうのすべての収納から自分の服類を  集めてきます・・・収納から出して床に積み上げること、  そして、一...

    「リストラなしの「年輪経営」」塚越寛

    【私の評価】★★★★★(92点) ■創業以来、48年連続増収・増益の  伊那食品工業の塚越さんの一冊です。  塚越さんの基本的な考え方は、  企業の存続が大切であるということ。  無理をせず、  着実に事業を大きくしていく  という姿勢が印象的でした。 ・大手スーパーから「商品を全国展開しないか」  というお誘いがありました。・・・  私は「身の丈に合わな...

    「なぜうつ病の人が増えたのか」冨高 辰一郎

    【私の評価】★★★★★(92点) ■最近、職場ではメンタルヘルスということが  よく言われ、何か悩みがあれば、  相談しなさい、ということになっています。  この本では、  ほとんど全ての国において、  「SSRI」という抗うつ薬が販売されてから、  うつ病患者が激増していること、  そして  うつ病患者が増えると同時に、  メンタル休職者が増えていること...

    「フィンチの嘴」ジョナサン ワイナー

    【私の評価】★★★★★(92点) ■ダーウィンは、  ガラパゴス諸島の生物に触発されて  「種の起源」を書いたといわれています。  そのダーウィンの進化論を実証するために、  ガラパゴス諸島のフィンチ(小鳥)すべてを  二十年以上にわたり、  測定した科学者がいます。  全てのフィンチに番号をつけ、  体重、嘴のサイズを測定し、  だれと結婚したのか、  ...

    「億万長者専門学校 実践編」クリス岡崎

    【私の評価】★★★★★(92点) ■最初「かなり怪しい雰囲気の本だな!」  と思いましたが、  読んでみると、とてもしっかりした本でした。  短期間の成功や、  「こんなはずではなかった」成功ではなく  本当の成功を目指す本になっています。 ■思い出したのは瀬戸内寂聴さん。  彼女は、本が書きたくて夫と子どもを捨てて、  人気作家になりました。  しかし、...

    「そうか、君は課長になったのか。」佐々木 常夫

    【私の評価】★★★★★(92点) ■私も管理職ですが、  身にしみる一冊でした。  それほど過激なことが書いてあるわけでもなく、  当然の内容ではありますが、  本書を読むことで、  「私はこうしていたんだよ」  という佐々木さんの話を聞いている感覚となり、  管理職としての自分の仕事を  振り返ることになったようです。 ・プレーイング・マネジャーにはなる...

    「気絶するほど儲かる絶対法則」石原 明

    【私の評価】★★★★★(92点) ■石原さんの本の特徴は、気軽で読みやすく、  仕事の本質が書いてあることです。  この落差にびっくりしますが、  たぶん意識的にそうしているようです。 ■石原さんは、マーケッティングが得意なので、  半分以上は売るためのコツを教えてくれます。  他の業界をマネる。  いかによさそうに見せるか。  いやな客を切る。  業種を...

    「お客様を3週間でザクザク集める方法」高田 靖久

    【私の評価】★★★★★(92点) ■私自身、メルマガの読者を増やしたいと考えているので、  いろいろと考えさせられる一冊でした。  飲食店、美容室の販促をイメージしているようですが、  商売をやっている人なら販売促進のヒントを  いくつも得られる一冊だと思います。  (私も幾つかもらいました。) ■なぜなら、販促とは、一つの手法だけで  すべてが解決するも...

    「50イングリッシュ」サム・パク

    【私の評価】★★★★★(92点) ■50の基本英文を、絵と物語の組み合わせにより  暗証することにより、  英語で話す力を上げようという一冊です。  ある程度英語はできるのだけれど、  英語での会議は難しい、  講演会なんてとんでもないといった  レベルの人にぴったりの教材ではないでしょうか。  (私にぴったり・・・) ■この本の特徴は、5つの絵とそれに対...

    「野村ノート」野村 克也

    【私の評価】★★★★★(92点) ■楽天をここまで引っ張り上げた野村監督は、  やはり、ただのボヤキおやじではありませんでした。  「根拠をもって野球をしろ」  そうした考えが、一本通っている一冊でした。 ・私は次の3つのポイントをもとに実践指導をしている。  「ツボ」「コツ」「注意点」。・・・「ここを見ておけ」  というツボや技術面のコツ、そして「これだ...

    「自分ブランド構築術」中井 隆栄

    【私の評価】★★★★★(92点) ■自分のなりたいセルフ・イメージを作り、  UPS(自分独自の売り)を明確して、  自分ブランドを構築しよう!という一冊です。  私で言うと  「人生を変えるような本を、  一日一冊紹介する本のソムリエ」  といったことでしょうか。 ■中井さんの手法は、  こうしたセルフ・イメージを  自分に浸透させるために  声に出して...

    「自己プロデュース力」島田 紳助

    【私の評価】★★★★★(92点) ■この本は島田 紳助が、吉本総合芸能学院(NSC)で  漫才師の卵に、芸能界で「成功」する方法を講義した  ものです。  DVD「紳竜の研究」に収録されていましたが、  本ではないので引用しにくいので、  紹介していませんでした。 ■紳助さんが話してくれるのは、  正しい努力をしろ、ということです。  それは、自分を知り、...

    「成功を引き寄せる地道力」國分 利治

    【私の評価】★★★★★(92点) ■ヘアサロンのフランチャイズ200店で、  年商200億円の國分さんの一冊です。  國分さんの顔が、仕事の成長とともに  変わっていくのがよくわかる一冊でした。 ■國分さんの経歴は、20代は美容室で修行。  この頃、一日も休まない先輩と出会うことで、  自分も一日も休まない生活を送り、  自力をつけることができたそうです。...

    「カップヌードルをぶっつぶせ!」安藤 宏基

    【私の評価】★★★★★(92点) ■日清の二代目経営者として  「焼きそばUFO」「どん兵衛きつね」を開発した  安藤さんの一冊です。  テレビ「がっちりマンデー」に出演されていたのを  思い出しました。 ■強烈な創業者の下で、  二代目として組織の力で   どんどん新製品を開発してきた  経緯がわかります。  社内競争を生む組織改革、  奇人・変人を大切...

  1 2 3 4 5 6  

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)