タグ「90点」が付けられているもの

    「考える力やり抜く力私の方法」中村修二

    (私の評価:★★★★★)90点 ●世紀の大発明とされる青色ダイオードを作った  中村修二さんの自叙伝です。  会社では上司から邪魔される。  留学しては論文を書いていないので相手にされない。  すごい壁を突破して青色ダイオードが  開発されたことがわかります。 ●この本を読んで、大きな成功を達成する人の  共通点を見つけました。  それはまず、とんでもない...

    「道路の権力」猪瀬直樹

    【私の評価】★★★★★(90点) ●面白過ぎる。  道路関係四公団民営化推進委員会を舞台に  繰り広げられる役人と政治の世界。  こんな仕組みで国の税金が使われていく。  この無駄遣いと無責任さをトヨタの人が見たら、  血の涙を流すだろう。 ●危機感とは潰れそうにならないと生まれない。  トヨタ、ホンダでさえ倒産の淵に立ったことがある。  では、日本国が破...

    「現代の帝王学」伊藤肇

    【私の評価】★★★★★(90点) 「原理原則を教えてもらう師をもつこと」 「直言してくれる側近をもつこと」 「よき幕賓をもつこと」 ●これらは、伊藤さんが考える  帝王学の三つの柱です。  いずれも、人との出会いに  関係しています。 ●多くの箴言と、具体的なエピソードを織り交ぜ、  結局は人間、人との出会いが大切なのだと  教えてくれる一冊です。 現代の...

    「望めば、叶う」ルー・タイス

    尊敬していたひとたちの影響、 とくに子供時代のわたしを心にかけて、 信じてくれたひとたちの影響がなかったら、 今日のわたしがあったかどうかわからない。 ●久しぶりに良い本にであいました。  昔、スポーツ選手のイメージトレーニングが  話題になったことがありましたが、  イメージトレーニングのもとは  ルー・タイスなのかもしれません。 ●人には快適ゾーンがあ...

    「日本国の研究」猪瀬 直樹

    【私の評価】★★★★★(90点) 財投の大きな性格は、巨大なる社会主義金融である。 第二の予算として年間五十兆円近くが運用され、過去の累積を 含めると四百五十兆円にもなる。 これだけの巨額の資金が金融手段として使われている 先進国はどこにもない。国家が二つの財政を持つこと、 四百兆円もの巨大な社会主義金融を行うことを、即刻、 この制度は整理されなければなら...

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)